米国けんきゅうにっき

はじめまして!2001年に日本を飛び出し米国へ。研究分野は化学でしたが、2005年のはじめに職場を東海岸から山の中へ移し、その際に研究分野も大きく変えました。そして2010年に結婚とグリーンカード取得。さらにさらに2011年夏に再び1800マイルを東に向かい、新天地、ミシガンに生活の場を移しました。せっかくの貴重(?)な人生なので、日々の出来事を残しておくことができれば幸いです。

トラベル

キャンプ用のイスが届く

Blog_05_05_2019_00.jpg 

 前回触れたキャンプ用のアウトドアチェアが昨日届いた。予定では来週くらいとAmazonのトラッキングでは表示されていたので青天の霹靂というやつ。


 妻にそのチェアはいつ届くのかと聞かれたのが昨日の午後のこと。まあ来週くらいという話をしているさなかに妻が外に目を向けるとFedexのトラックが去っていくところだった。


 その直前に、最初は上の階の部屋からかと思っていた比較的大きなノック音が聞こえていたのだ、日常茶飯事なので気にも留めていなかった。


 そんなこんなで改めてAmazonのトラッキングをチェックしたら配送済みになっているじゃないですか。それでさっきのノック音と走り去るFedexのトラックを連想すると家の前にブツが置かれていることになるわけだ。


 まあ何とも間抜けな話なんだけど、実際、家の前にでっかい荷物か置かれていた。さっそく、開封して部屋で使い心地を確認したのがついさっき。お昼ご飯を食べた後に、このチェアで昼寝をしてみたのだが、2時間ほど眠れた。妻曰く、イビキもかかなかったので、良好な睡眠が摂れそうだ。


 このチェアを2つ、今回のキャンプに持っていく。バイクを乗り回した後は、ビールを飲みながらキャンプサイトで睡眠タイムの予定である。


キャンプ用のイスを買った

 そろそろキャンプの季節ですね。我々もメモリアルディホリディの連休を使ってMammoth Caveのキャンプ場で2泊する予定だ。ただ今回はCaveのツアーには行かず、地上のMTBトレイルを堪能する。あとはキャンプ場でダラダラするつもりである。そのためのイスを買った。

 今日、オーダーをしたばかりなので写真はない。リクライニングできるアウトドアチェアである。ホラ、よくプールサイドにあるようなやつね。SUVを買ったおかげでなんでもキャンプ場に持ち込めるのである。


 あとは去年の様にあまりの暑さで眠れないといったことがないことを祈るばかりである。



冬のスキー旅行計画

 ちょっと早いが、サンクスギビングシーズンのスキー旅行を検討している。同僚と上司がどうしてもスキーに行きたいと言い出したので、モンタナの雪はパウダースノーで最高だった話をすると、非常に興味を示していた。そーいうわけでこの11月にBozemanに行く計画を練ることにする

。  Nashvilleからだと意外と航空券が安い。まあまだずいぶん早い時期というのもあるんだろうけど、往復で$350前後。これなら払う気になる。また例によってキャビンを借りる方がホテルに泊まるよりも安そうなので、HomeAwayで確認中である。おそらく空港近くのBelgradeで見つけられそうなので、スキー場のあるBridger Bowlへのアクセスも便利だろう。

 ただ今回の日程だとYellowstone国立公園は冬季なので一部しか開園していない。まあ雪上車で有名な間欠泉のあるOld Faithfulまで行くツアーがあるみたいだが、雪上車だと6時間近くかかるので、その日はそれで終わりだろう。


 ここにきてサンクスギビング中はスキー場が開いているのか気にって調べてみた。なんとこの時期だとギリギリで開いてない可能性が出てきた!雪次第とのことだ。スキーがしたいなら、年末年始に持って行かないと難しいなぁ。

キャンピングギアの新調

blog_2019_04_02_00.jpg 

 我が家では昨年、2つ目のテントを購入したわけであるが、2回のうちの最初のキャンプはともかく、7月4日のキャンプは蒸し暑過ぎで撤退したのは、以前のブログで書いたとおりである。


 そこで今年のキャンプは慎重に日程を検討しており、メモリアルホリデー(5月下旬)とレイバーデイ(9月初め)に計画している。そんな中、キャンピングギアの新調もしなければならないかと考えていた、というのは、昨年のキャンプではゲリラ豪雨に見舞われたため、モンタナ時代から使っていたキャノピーの天井部分にところどころ穴が空いていることが発覚。もともと雨宿り用のものではないのだが、新調の時かということで、代替品を購入した。


 今回の品はジッパーを上げないと蚊帳の中に入れなかったところが、マグネットでワンタッチ仕様なので、簡単に蚊帳内に出入りできるのである。Amazonの評判はまあまあだったので、この間のディラーでの待ち時間の際にポチる。


 まだ組み立てていないので使用感はわからないが、少なくとも全部品の入ったバッグを持つとかなりの重量感である。

 とりあえずは蚊からの攻撃をかわす装備が手に入ったので、あとは蚊取り線香を大量に炊けばイケるだろう。

昨年のリベンジ

Blog_03_28_2019_00.jpg 

 去年の夏、独立記念日前後にケンタッキー州にあるLand between the Lakesという場所でキャンプしたのだが、2泊3日の予定だったにもかかわらず、あまりの蒸し暑さで1泊して撤退した。
 電源のあるキャンプサイトだったので扇風機を持っていき、蚊帳(バグメッシュ)の中ではそれを付けていないと耐えられない暑さだった。また夜寝るときはテントのフライを全開にしないと汗だくになる始末。また虫の音が凄まじかったり、真夜中の訪問者が全開のテントの周りを徘徊してたりと、おちおちと眠れなかったと記憶している。

 そんなわけでリベンジである。今度は9月のレイバーデイホリディを利用してキャンプを敢行する予定。レイバーデイは夏のシーズン最後のお休みなので、こういったレジャー施設は込み合うのが定番である。今回はそれを見越して半年前に予約を取るという用意周到ぶり。おかげでこの夏はいろいろと出かけることになりそうである。


プロフィール

cooyou

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

最新コメント
ギャラリー
  • Great American Eclipse 2017
  • How Annoying !!
  • Motorolaの新型携帯
  • 例のLGのまるいやつ
  • Motorola製Nexusシリーズ
  • Moto360、ふぁーすとインプレッション
  • Moto360を買ってみた
  • Moto360を買ってみた
  • Moto360を買ってみた
アーカイブ
  • ライブドアブログ