米国けんきゅうにっき

はじめまして!2001年に日本を飛び出し米国へ。研究分野は化学でしたが、2005年のはじめに職場を東海岸から山の中へ移し、その際に研究分野も大きく変えました。そして2010年に結婚とグリーンカード取得。さらにさらに2011年夏に再び1800マイルを東に向かい、新天地、ミシガンに生活の場を移しました。せっかくの貴重(?)な人生なので、日々の出来事を残しておくことができれば幸いです。

ブルワリ

McMinnvilleという街にあるブルワリ

Blog_12_16_2018_00.jpg

 ここから小1時間くらいの場所にあるMcMinnvilleという街に新たにブルワリが開店したとのことで、行ってみた。Depot Bottom Breweryというブルワリである。
Blog_12_16_2018_01.jpg Blog_12_16_2018_02.jpg

 まだ開店してから2カ月もたっていないのか、表にデカデカと看板はなし。おそらくは旧ダウンタウンの端っこの方にある。通りを挟んで向かいにはフリーメイソンのロッジがあった。
Blog_12_16_2018_03.jpg Blog_12_16_2018_04.jpgBlog_12_16_2018_05.jpg

 この日は昼食もまだだったので2ブロックほど隣のCollins River BBQ & Cafeというところで昼食を調達。ブルワリに持ち込んで食べたのである。というのはここのブルワリにはキッチンがないので、料理の提供はないため。タップルームにはよくあるスタイルである。
 さて飲んだビールは、定番のSawmill SassionというIPA、Basil Hefeweizish(ハフバイゼンもどき?)、Holiday Pale Ale。IPAは苦みが控えめで一緒に食べたBrisketによく合う味わい、Basilは後味に刺激があったのでスパイスが効いていた。でも名前ほどのバジル風味はなし。最後のPale Aleはやはり飲みやすいアンフィルターのビールで、食後のマッタリ感を増長させてくれた。

 訪れた日は、5人くらいの地元のヒトが集まってワイワイやっていたので、ちょっと落ち着かなかったが、静かだと大変、雰囲気が良いのではないだろうかね。


アスガルドというブルワリ

Blog_01_24_18_00.jpg 昨年の暑いさ中にHenry Horton州立公園というところに行ったのだが、そこで軽く歩いたあとにColumbiaという町まで足を延ばして、そこにあるブルワリのビールを楽しんだ。Asgard Brewingという名前のテイスティングルームなのだが、ひっそりとした田舎町なのにここだけは意外とにぎわっていた。



Blog_01_24_18_01.jpg Blog_01_24_18_02.jpg

 名前から想像できるように北欧神話をモチーフにしているようだが、その意図は不明。まあ情熱さえあれば、なんでもいんだろうと思うんだ。そんな店内は別に奇抜でもなく、店員も爽やかな感じである。

Blog_01_24_18_03.jpg Blog_01_24_18_04.jpg


 グラスもどこかの神様っぽい絵柄が描かれている。ビールはIPAで、夏の暑い時期に飲むとあっという間になくなってしまうのである。というわけで、ビールの詳細は失念してしまったから、再び訪れなければなるまい。

Superior Bathhouse Brewery

Blog_01_10_18_00.jpg ところで会社で賞をもらった。全然、専門分野とか関係ないんだが、CADシステムのデータベース社内運用に貢献とかが受賞の理由だとか。10月に告知が来ていたのだが、年始にメールを整理していて気がついたので、なんだか変な気分である。ちなみにワタシ自身はCADを使えない。そういったハイエンドのCADシステムに触れる機会がなかったのが理由だが、興味がなかったわけではない。というか自作PCでハイエンドのCPUやGPUの性能をいかに使いきれるかなんて思っていると、CADなんてうってつけのアプリケーションなのだが、個人で持つには高すぎるよね。まあ時間があれば社のCADを使って自主訓練なんてのもできるんだろう。

 さて年末のHot Springsではもう一軒、ブルワリに立ち寄った。風呂上りの後、最初に立ち寄ったブルワリの一杯目は最高だったのだで、その勢いで二軒目にハシゴしたのである。

Blog_01_10_18_01.jpg Blog_01_10_18_02.jpgBlog_01_10_18_03.jpg


 期待にあふれて入ったのがSuperior Bathhouse Brewery。昔の公衆浴場を利用しているビアパブである。もちろん店の奥には醸造器もあり、地下から湧き出る温泉水でビールを作っているのがウリのようである。だが味の方はちょっとワタシの好みではないなぁ。例によってIPAを頼んだら、珍しくアンフィルターで期待一杯だったんだけどねぇ。まあ一軒目がすばらしかったので、ちちょっと肩透かしを食らってしまった。

Tullahomaという町にあるタップルーム

Blog_01_05_18_00.jpg ウチの会社の工場のひとつが今、住んでいる街から40分くらいのところにあるのだが、そこからさらに20分ほど田舎道を走るとTullahomaというこれまたルーラルな田舎町にたどり着く。小さな町なんだけど少し古い感じのボーリング場もあり、過去2回ここでプレイしたが家族や若者でにぎわっていた。そんな古き良き時代のアメリカを地で行くような町にはブルワリのタップルームがある。Old Shed Brewing Taproomという場所だ。

Blog_01_05_18_01.jpg Blog_01_05_18_02.jpg

 タップルームなので食べ物はポップコーンしかないのだが、食料を持ち込み可なので近くのピザ屋に出前を頼んで、ビールを楽しんだ。当然、チョイスはOld Shed IPAだ。ピザにビールは最高のコンビネーションである。ガブガブと飲み、ガツガツと喰らう。

 そんな田舎町での夜のひととき。そのあとはボーリング場でプレイというのがお決まりのコースである。

Hot Springsにあるブルワリ

Blog_01_03_18_00.jpg  今日は眼医者の予約をしていたので、昼過ぎにちょっと会社を抜け出して行ってきた。昨年も1月4日に検診を受けたのでちょうど1年。今回はモンタナ時代から使っている運転用サングラスの老朽化が激しいので、それの代替のためのプレスクリプション作りである。今年はフレームが保険対象外になるので、既存のフレームに新しいレンズをはめてもらおうと思ったんだけど、その愛用サングラスのフレームの老朽化が著しいとのことで、レンズをはめる際に壊れるだろうとか。そういうわけで、同モデルのフレームを新規に購入することになった。でも同じ色(白!)がディスコンとのことなので、ベージュに裏側が赤の同モデル(RayBanのNew Wayfarer)を注文した。8年くらい使ったかな?こちらもお疲れ様です。

Blog_01_03_18_01.jpg Blog_01_03_18_02.jpg

 さて先日、アーカンソーのHot Springsという街に温泉に浸かりに行ったのだが、風呂上りに目の前にあるBubba Brewというマイクロブルワリがあったので、さっそく飛び込んでいった。

Blog_01_03_18_03.jpg Blog_01_03_18_04.jpgBlog_01_03_18_05.jpg

 ちょっと脱水症状気味になっていたのも手伝ってか、一口目のビールのうまいこと!ごきゅ、ごきゅ、と飲み干しました。私が飲んだのは例によってIPAだが、苦みがそんなに強くなく気が付けばなくなりそうな勢いで飲める。この後、街にあるもう一軒のブルワリにハシゴしたのだが、アピタイザとして頼んだものにナゼかフライドポテトが付いてきたのはちょっとした誤算。というのは2件目のブルワリで夕食をガッツリと食べるつもりだったから。

 このアピタイザもなかなか来なくてビールをチビチビやりながら待っていたのと、ハシゴするからここでは1杯だけという、負のコンビネーションのため、ここのブルワリでは100%堪能できなかったことがちょっと悔やまれる。次回はここを決め打ちたいものだ。

プロフィール

cooyou

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

最新コメント
ギャラリー
  • Great American Eclipse 2017
  • How Annoying !!
  • Motorolaの新型携帯
  • 例のLGのまるいやつ
  • Motorola製Nexusシリーズ
  • Moto360、ふぁーすとインプレッション
  • Moto360を買ってみた
  • Moto360を買ってみた
  • Moto360を買ってみた
アーカイブ
  • ライブドアブログ