米国けんきゅうにっき

はじめまして!2001年に日本を飛び出し米国へ。研究分野は化学でしたが、2005年のはじめに職場を東海岸から山の中へ移し、その際に研究分野も大きく変えました。そして2010年に結婚とグリーンカード取得。さらにさらに2011年夏に再び1800マイルを東に向かい、新天地、ミシガンに生活の場を移しました。せっかくの貴重(?)な人生なので、日々の出来事を残しておくことができれば幸いです。

ブルワリ

Half Batch Brewingへ行く

Blog_02_17_2019_00.jpg 

 今週末は再びマイクロブルワリ探訪の旅にいそしんだ。今回のターゲットはGallatinというリゾートっぽい場所の西にあるブルワリ、Half batch Brewingという場所である。Nashvilleから見れば北東に位置するだろうか。雨も降ってて非常にグルーミィな雰囲気の中、昼寝の後に出発した。
Blog_02_17_2019_01.jpg Blog_02_17_2019_02.jpgBlog_02_17_2019_03.jpg

 ブルワリはショッピングモールの片隅にあった。隣のBBQ屋が非常ににぎわいを見せているのと同様に、こちらのタップルームもファミリー客でナゼかごった返している。いまいちブルワリという響きと対照的な客層なのであるが、米国ではよくみられる光景である。まあ特に最近のブルワリは内装が明るめに装飾されているので、入りやすい雰囲気を醸し出している。

Blog_02_17_2019_07.jpg Blog_02_17_2019_08.jpgBlog_02_17_2019_09.jpg

 今回のビールはここのフラッグシップであるBS IPAとTwo Foot Cream Ale、そしてフルーツビールのCherry Cream Aleを堪能した。IPAの味は癖がなく、ホップがそこまで強くない感じ。Cream Aleのほうはエールというよりはラガーに近い苦みを出していた。一方、Cherryのほうは甘みが前面に出ていたので、ビールの苦みが苦手な人にも勧められる。

 さて、そろそろNashvilleを攻略しないと新規開拓はむつかしくなってきた。ただあんまり都市部まで行きたくないのも事実である。まあ考慮の余地があるな。


 

ホットドッグレストランみたいな

Blog_01_20_2019_00.jpg

 土曜日は暖かかったのだが雨が降り続いていたので、自宅で悶々としているウチに会社の上司から連絡があった。例によって飲んだくれたいとのこと。それでいつも行くMaydayというブルワリに居るというのだが、最近、できたDog Haus Biergartenというところに行こうと提案した。

Blog_01_20_2019_01.jpg Blog_01_20_2019_02.jpg

 小洒落たホットドッグ屋みたいな感じの店だったが、ビールのチョイスが豊富なのである。最初にDark MatterというIPAを頼み、2杯目もDelicious IPAというのを飲んだ。

 さて今日の議題は夏のサマーシャットダウン中にユタ州への大遠征計画を本格始動することである。まずはMoabというMTBのメッカの町があるのだが、そこのどのCabinを予約するかと、大まかに周辺国立公園(Arches、CanyonlandsおよびCapitol Reef)のどのトレイルを回るかの話をした。

 結局のところ、ユタ州までの道は上司・同僚および私と妻、それぞれのクルマで片道、約1,500マイルを移動することになったわけだ。私たちは3日かけて移動するつもりだが、上司は2日で行くと言っていた。まあその辺はご自由にということで。

 いずれにせよ、Cabinは先ほど予約したので、いろいろと具体的に動いていく。この夏は非常にアツそうである。


Nashville近郊のブルワリ

Blog_01_13_2019_00.jpg 

 Nashville近郊にはマイクロブルワリがひしめいており非常に魅力的なのだが、最近、ワタシは人ごみの中に身を投じると溶けてしまいそうになる。ので、好物のビールがたくさんあるとはいってもNashvilleにはあんまり近づかないでいた。しか~し、本日は時間があったので、Nashvilleの南西にあるTailgate Breweryというところに行ってみた。

Blog_01_13_2019_01.jpg Blog_01_13_2019_02.jpg

 最初はタップルームかと思っていたのだが、立派な店舗が住宅街に構えられていた。まあ近くのKrogerとかでも箱でTailgateのビールは売っているから、それなりの規模だとはわかってはいたんだけどね。楽しんだビールはGURU HAZY IPAとサンプラーでDISCO LETTUCEとSOUTHEAST IPA、PINEAPPLE SOURにMIXED BERRY SOURである。最初のIPAはホップの香り高いが、やさしい後味で大変美味しかった。

Blog_01_13_2019_03.jpg Blog_01_13_2019_04.jpg

 店内には家族が数組居り、小さな子供もたくさんいたが、皆さん楽しいでいるようである。特にここは厨房も併設されており、食事なんかもとれるようである。それもあり子供たちを含む家族連れが多いのだろう。我々も小腹が空いたので、Garlic KnockersとチョコレートたっぷりのGOO GOO Pizzaをオーダーした。

 非常に充実した日曜午後の食生活である。



 

McMinnvilleという街にあるブルワリ

Blog_12_16_2018_00.jpg

 ここから小1時間くらいの場所にあるMcMinnvilleという街に新たにブルワリが開店したとのことで、行ってみた。Depot Bottom Breweryというブルワリである。
Blog_12_16_2018_01.jpg Blog_12_16_2018_02.jpg

 まだ開店してから2カ月もたっていないのか、表にデカデカと看板はなし。おそらくは旧ダウンタウンの端っこの方にある。通りを挟んで向かいにはフリーメイソンのロッジがあった。
Blog_12_16_2018_03.jpg Blog_12_16_2018_04.jpgBlog_12_16_2018_05.jpg

 この日は昼食もまだだったので2ブロックほど隣のCollins River BBQ & Cafeというところで昼食を調達。ブルワリに持ち込んで食べたのである。というのはここのブルワリにはキッチンがないので、料理の提供はないため。タップルームにはよくあるスタイルである。
 さて飲んだビールは、定番のSawmill SassionというIPA、Basil Hefeweizish(ハフバイゼンもどき?)、Holiday Pale Ale。IPAは苦みが控えめで一緒に食べたBrisketによく合う味わい、Basilは後味に刺激があったのでスパイスが効いていた。でも名前ほどのバジル風味はなし。最後のPale Aleはやはり飲みやすいアンフィルターのビールで、食後のマッタリ感を増長させてくれた。

 訪れた日は、5人くらいの地元のヒトが集まってワイワイやっていたので、ちょっと落ち着かなかったが、静かだと大変、雰囲気が良いのではないだろうかね。


アスガルドというブルワリ

Blog_01_24_18_00.jpg 昨年の暑いさ中にHenry Horton州立公園というところに行ったのだが、そこで軽く歩いたあとにColumbiaという町まで足を延ばして、そこにあるブルワリのビールを楽しんだ。Asgard Brewingという名前のテイスティングルームなのだが、ひっそりとした田舎町なのにここだけは意外とにぎわっていた。



Blog_01_24_18_01.jpg Blog_01_24_18_02.jpg

 名前から想像できるように北欧神話をモチーフにしているようだが、その意図は不明。まあ情熱さえあれば、なんでもいんだろうと思うんだ。そんな店内は別に奇抜でもなく、店員も爽やかな感じである。

Blog_01_24_18_03.jpg Blog_01_24_18_04.jpg


 グラスもどこかの神様っぽい絵柄が描かれている。ビールはIPAで、夏の暑い時期に飲むとあっという間になくなってしまうのである。というわけで、ビールの詳細は失念してしまったから、再び訪れなければなるまい。

プロフィール

cooyou

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

最新コメント
ギャラリー
  • Great American Eclipse 2017
  • How Annoying !!
  • Motorolaの新型携帯
  • 例のLGのまるいやつ
  • Motorola製Nexusシリーズ
  • Moto360、ふぁーすとインプレッション
  • Moto360を買ってみた
  • Moto360を買ってみた
  • Moto360を買ってみた
アーカイブ
  • ライブドアブログ