米国けんきゅうにっき

はじめまして!2001年に日本を飛び出し米国へ。研究分野は化学でしたが、2005年のはじめに職場を東海岸から山の中へ移し、その際に研究分野も大きく変えました。そして2010年に結婚とグリーンカード取得。さらにさらに2011年夏に再び1800マイルを東に向かい、新天地、ミシガンに生活の場を移しました。せっかくの貴重(?)な人生なので、日々の出来事を残しておくことができれば幸いです。

コンピュータ

Steel HR Sportの使用感

 昨日に引き続き、Withingsの活量計、Steel HR Sportをネタに記事を書く。
Blog_01_26_2019_01.jpg Blog_01_26_2019_02.jpgBlog_01_26_2019_03.jpg

 ちなみにWithingsはしばらくNokiaに買収されてブランド名としては消滅していたのだが、昨年終わりくらいから、創業者がまた買い戻したらしくWithingsの名前が復活している。

 開封の儀であるが、最近の傾向なんだろうね、分厚い説明書もついてないし、ビジュアルに訴えたクイックガイドやシンプルな梱包などはあのリンゴのテイストを彷彿させる。

 ちょっと気になったのは、ナゼか日本語の保証書が入っていたことだ。サポートとの連絡や購入時に日本人とは名乗っていないハズなのだが、明らかに日本人向けの同梱物である。

Blog_01_26_2019_04.jpg Blog_01_26_2019_05.jpg

 充電は無線充電ではないが、磁石付きのクレイドルに置くと充電される。すなわち、ボタン電池などの一次電池ではなく、リチウムバッテリーなどの二次電池(充電池)である。

 1回の充電で1.5日は持つとかどこかに書かれていた。これはSmart Watchとして見れば非常に電池の持ちが良いことになる。

 さて今朝、ジムに行く際にこのSteel HR Sportを装着してみた。トレッドミルを走っている際にも腕にしっかりと装着されている感じだったので、腕を振るときに時計の位置が動かなくてイイ。またワークアウト中は心拍数をほぼリアルタイムでモニターしてくれるので、後で心拍数遷移を見ることができるのだ。これはどれだけ負荷をかけたのかがわかるため、大変便利である。

Blog_01_26_2019_06.jpg 

 今日はジムで走ったのも含めると目標値10,000歩に対して、7,500歩だった。このトラッキングは下の赤い針をもつ文字盤でわかる塩梅だ。

 最近は朝の時間があまりないので、トレッドミルを走るのは30分くらいが限度かな?いずれにせよ、よい買い物である。活量計ばかりでなく、準スマートウォッチ機能も搭載されており、Moto360でのユーザー体験以上のことが期待できそうである。


師走のコンピュータ障害

 つい先日、自宅のPCをアップグレードしたお話をしたが、新しいマザーボードにはすでにレガシースロット(PCI)がないため、今まで刺さっていたサウンドカードが流用できないことが判明していた。これまでは居間の中央に置いてある、サラウンドアンプに光端子で繋げていたのだが、これができなくなった格好である。さらに新しいマザーボードには光端子なるシャレたものはナイので、オンボード機能を使っての音声出力もできないわけ。もちろんヘッドフォン端子やRCA端子を使えばできそうだけど、再配線が非常にメンドーになるわけだ。
 そーゆーわけで買ったのがPCIeのサウンドカードである。未だにCreativeのSoundBlasterがブランド名として残っているのは素晴らしいの一言だ。

Blog_12_30_2018_00.jpg 

 もともとゲーム用で一世を風靡したブランドなんだけど、このモデルも現代のゲームニーズに合った仕様らしく、チャット用の指向性マイクが付属している。まあSkypeのチャットにも使えるので、ワタシの用途にも合うだろう。

 さてコンピュータ障害というのは、このことではな~い。仕事納め後に会社の方で何かトラブルがあったらしく、旅行中(しかも走行中)にミシガンから電話がかかってきた。CADのラインセンスサーバーからライセンスを取得できないとな。

 ハッキリ言って、この休み中に仕事をするっていうのはどうゆー了見だ?と電話の趣旨を疑いたくなったし、まずこれはワタシの管轄じゃなくて会社の情報部門の仕事だろうと、ちょっとキレ気味になった。まあ確かにサーバーのクラスタ化をしてから休みに突入したのはワタシの判断だったので、ミシガンの同僚もそれの不具合をまずは疑いたかったのだろう。

 結果から言えば、サーバーの冗長化による影響ではなく、もっと大規模なものだったので、私が何かできることはなかったのだが...折角の冗長化が全く役に立たないっていうのはちょっと考えさせられた。そこで私の自宅の環境を顧みることになったわけである。

 今はUPSもついていないホームサーバーがRAID無し、バックアップほぼなしで動いている。つまり何かあったら、全部オシマイなわけだ。SMARTを見る限りは現在、HDDに障害は見当たらないが、HDDは突然壊れるのが世の常である。最近、ホームサーバーの電源を新しいモノに換装したので、居間がとっても静かになって麗しいわけであるが、ここにきてデータバックアップ体制が全然ダメなことに気が付いたわけだ。

 とりあえずは外付けのHDDに最新のデータのバックアップは取ってあるが、近いうちにこの状況を改善せねばならないなぁと思った次第である。


家庭内PC環境の刷新

 この春ごろからリビングでメインに使っているPCの刷新を考えていた。そして今、昔の記事をみたら、以前のPC関連のものは2015年1月19日が最新である。つまり3年以上、PCの更新はされていないようである。いやでも、去年の3月にSurface4とか買ったんだけど、記事にしてないみたいだね。
 
Blog_12_09_2018_01.jpg

 とにかくだが、リビングのPCとファイルサーバーの音がものすごくうるさいわけである。というわけで、まずはメインのPCのテコ入れをしたのがこの秋口。

 CPUに搭載されていたのはPhenom II X6 1090T BEというAMDの2世代ほど前のアーキテクチャのものだ。ミシガンに越してきたときに買ったので、すでに市場に登場してから7年以上たっていることになる。そのあと、ストレージをSSDに交換したり、OSをWindows10にアップグレードしたりしたので、実用上はそんなに問題はなかったのだが、前述したように音が何しろうるさかったのである。音源としては2つ。CPUの冷却ファンとビデオカードの冷却ファンである。どちらもすでにアーキテクチャとして古いので、結論として、CPU・GPUの交換と相成ったわけである。

古い構成 新しい構成
OS Windows10 Pro Windows10 Pro
CPU AMD Phenom II X6 1090T BE AMD Ryzen 3 2200G
クロック周波数(GHz) 4.0 3.5@3.7
メモリ(GB) DDR2-400 (6.0) DDR4-3000 (8.0)
ビデオカード Radeon HD 6850 CPUに統合

 まずは音がとても静かになった。またコア数が6から4に減ったのにもかかわらず、非常にサクサク動くようになった。メモリの規格が変わるのでマザーボードとメモリモジュールも新調しなければならなかったが、トータルとしては大満足である。
  さてそうなると、今度はサーバー側の音が非常に目立ってしまう。こちらも古い記事をみると2014年の更新が最後。うるささの源は電源の老朽化と思っていたので、eBayで電源のリプレイスメントを購入した。

 これを昨日、載せ替えたのだが、素晴らしいの一言である。リビングが非常に静かになった。とりあえずはこの環境でしばらくはやっていこうとは思うが、次に刷新しそうなのは無線LANルーターかなぁ。


二代目電動歯ブラシ

 今日から仕事始めだが、会社に行ったら私の直の部下しかいなかった。そんな彼女も「今日からだよね?」と私に聞く始末である。まあまだ1月2日だからなぁ~、日本だとまだ絶賛休日だよね。まあしばらくしたらゾロゾロと他の従業員も出社してきたけどね。

Blog_01_02_18_00.jpg Blog_01_02_18_01.jpg

 そんな1月2日とはまったくカンケー無いのだが、昨年のBlack Fridayの直前に電動歯ブラシを新調した。Oral-BのBlack7000という機種だ。これまで使っていた歯ブラシがとうとう壊れたためである。2008年のblack Fridayに買ったもので、昨年に電池交換して延命処置を施した。足掛け9年つかったことになる。

 その代替機になるわけだが以前のものと同様にSmart Guideが付属しているのだが、さらにBluetoothが搭載されておりスマホに歯ブラシログを転送できるようになっているのが最大のウリ(?)だ。ちなみに一代目のSmart Guideとは互換性がないため、転用はできないとのこと。まあ9年もたてば互換性なんかないよね。ただ気になる点としては初代Smart Guide/電動歯ブラシにはブラシの寿命お知らせセンサーがついていたのだが、この新型にはない。代わりに替えブラシの色が摩耗度のインジケータになっているというちょっとアナログ仕様である。まあいいんだけどね。あまり使わない機能(マッサージとかホワイトニングなどなど)を充実させるよりもSmart Guideが能動的に歯ブラシの替え時をお知らせしてくれた方がよかった気がするんだが...

 とにかく、一代目のTriumphよりちょっと高めの投資だがこのBlack7000も同じくらい長く使えるのならば悪くないと思う。というわけで今後10年を戦う友ができたのである。

Moto360を復活させた

 本日はクリスマスイヴだが我が家は特に何の予定もなく、妻と午前中はアパートのジムでランニングした。かれこれ6月くらいから続けており、着実に体力がついているのが実感できるのが良い。この間、知り合いのクルマを追いかけたとき、足がもつれずに走れたのがナニよりの証拠である。午後はBarns&Noblesに行って時間つぶし。実はこの間、購入した妻専用のChevy CruzeをBarns&Noblesに向かう道で初めて運転した。対向車線から無理な左折してくるアホなAltimaに反応して急ブレーキを踏んだのを除いて(というかブレーキ性能も確認できたので、これも吉だな)、よいクルマだと思う。年末にちょっと遠出するので、そこで長距離の移動はどうかレビューできる。
 そんな感じのクリスマスイヴだが、昨年くらいから動かなくなっていたMoto360(2014年の秋口に購入)の修理を行った。最初は新しいスマートウォッチをブラックフライデーに買おうかなと思ってたんだけど、電池交換で直るとわかっていたので修理を敢行したのだ。

Blog_12_25_17_02.jpg Blog_12_25_17_03.jpgBlog_12_25_17_01.jpg

 ちなみにMoto360の分解ってiFixitってサイトによれれば難易度が最高に指定されているので、案の定、最初のトライアルは失敗した。内部のマザーボードまでアクセスはできたのだけど、リチウム電池をつなぐ基板上のソケットが取れてしまい、そこを半田付けするハメになった。奇跡的に超細かい半田付けはできたんだが、マザーボードのファームが狂っていたらしく、電源ははいるもののOSが起動できない状態に。一度は諦めたが、eBayでMoto360のジャンク品(バッテリー寿命で充電不可だがAndroid Wearの起動はできる)が$25で出品されてたので、購入してマザーボードを乗せ換えることに。今回は見事成功して、充電はおろかAndroid Wearの起動までできるようになる。

Blog_12_25_17_00.jpg 

 第2世代のMoto360の様に後付けでバンド固定用のヒンジを取り付け(3Dプリンタで作って販売しているところをみつけた)、バンドも茶色のもの(eBayで安いものを入手)に交換。晴れて実用に耐えるものに仕上がった。今日はケータイ側にAndroid Wearやら必要アプリなどをインストールして初めて外出したのである。電源はちゃんと保持しているし、オリジナルのころよりも発熱が少ない感じでよい。ただすでに3年前のものなので、ちょっと動作にもたつきはあるが、運転時などのメールの受信通知なんかには十分だと思う。まあ電池は1年ちょいほどしたらまたダメになるんだろうけど、そのころに新機種を買うか、またバッテリー交換でしのぐかはその時に考えるかな。



プロフィール

cooyou

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

最新コメント
ギャラリー
  • Great American Eclipse 2017
  • How Annoying !!
  • Motorolaの新型携帯
  • 例のLGのまるいやつ
  • Motorola製Nexusシリーズ
  • Moto360、ふぁーすとインプレッション
  • Moto360を買ってみた
  • Moto360を買ってみた
  • Moto360を買ってみた
アーカイブ
  • ライブドアブログ