米国けんきゅうにっき

はじめまして!2001年に日本を飛び出し米国へ。研究分野は化学でしたが、2005年のはじめに職場を東海岸から山の中へ移し、その際に研究分野も大きく変えました。そして2010年に結婚とグリーンカード取得。さらにさらに2011年夏に再び1800マイルを東に向かい、新天地、ミシガンに生活の場を移しました。せっかくの貴重(?)な人生なので、日々の出来事を残しておくことができれば幸いです。

コンピュータ

地鶏棒

Blog_05_22_2019_00.jpg

 地鶏棒、もとい自撮り棒。アクションカメラでの撮影の際に、安定した撮影を行えるようにということで購入。水にも浮くため、水辺での撮影に適しているのだが、しばらくは海とかに行く予定はなし。

Blog_05_22_2019_01.jpgBlog_05_22_2019_02.jpgBlog_05_22_2019_03.jpg

 まあYouTuberになるための投資の一環である。$9で購入したが、三段階の伸長機能がある。実はコレを購入する前に妻の提案でFive Below($5以下で買えるgoodsが売っている店)に行ってきたのだ。絶対に売っているからとのことだったのだが、見事に売り切れていた。しかもマイク付きのヤツ。今回購入したアクションカメラは外部マイク端子のないモデルなので、そのマイク付き地鶏棒をかってもあまり意味はないんだけどね。巷では自撮り棒が大人気のようだ。


 とにかくだが、これでキャンプの準備は整った。一つ心配なのは、週末はものすごく暑いとの天気予報である。昨年の独立記念日でのキャンプの二の舞にならなければ良いのだが...


オレ、YouTuberになるんだ

Blog_05_21_2019_00.jpg

 以前からの懸案であったアクションカメラを買った。当然、GoProではなく中華製の安いブツである。そしてその目的は、表題にあるようにYouTuberになるため!


 冗談はさておき、目的はせっかく買ったクルマのwalk throughをやって自分のYouTubeチャンネルにアップしておきたいためである。そう実はワタシはYouTuberという名詞が謳われる以前の12年前から米国えいぞ~にっきというチャンネルを持っているのだ。このブログ同様、すでに閑古鳥が鳴いているようなチャンネルなのだが、ここにきてちょっと手入れをしようかという気になったわけだ。その一環として、昨年に買ったクルマの紹介やら、どこかのMTBトレイルを走っている動画とかやらをアップしようかということだ。

Blog_05_21_2019_01.jpgBlog_05_21_2019_02.jpg

 購入したアクションカメラだが、Victureという数多あるGoPro路線の廉価アクションカメラメーカーの一つから出ているAC800という機種である。まあ安いのだが、Amazonのタイムセールで$30ディスカウントが適用されていたので、$49でゲットした。コレを選んだ基準は揺れ防止機能がついていること。YouTubeを観ていて個人的に、画面の揺れが激しいのはちょっと敬遠してしまうから。

 一方で最後まで悩んだのが、4Kモード時に30fps(フレーム毎秒)での撮影が可能か否か。たしかに30fpsだと映像が非常にスムーズになるのだが、そのぶんファイルサイズが肥大化してしまい、再生時の負荷で画面が止まってしまうことがある。そういうわけでこの点は妥協、結果、このカメラは4Kモードで25fpsまでの撮影が可能である。

Blog_05_21_2019_03.jpgBlog_05_21_2019_04.jpgBlog_05_21_2019_05.jpg

 写真のようにこの手のカメラは付属品が大量についてくる。主なものは水中撮影用のスリーブや自転車やヘルメットに固定するクランプなどだ。ただ分かったのだが、防水用ケースに入れて撮影すると内蔵マイクの集音が遮断されてしまうため、大声で話さないと音をしっかりと拾ってくれない。これはちょっと想定外である。まあアフレコで対応しろというところなんだろうが、ちょっとメンドーなので、walkthrough撮影時には防水ケースから取り出して使うことになりそうだ。


 さてちょっと試しに使ってみたところ、値段のわりに十分キレイな映像を撮影できると思う。初心者(?)YouTuberには十分である。それと確かに4K/25fspで撮影すると、ファイルが重すぎて再生機器を選びそうな予感。少なくともワタシのスマホでは出来上がった映像はカクカクした。まあ4K時のスローモションでのシーンを撮りたい場合に有効なのだろうが、現在のワタシの用途には必要なさそうである。


 週末はキャンプである。ここでいくつかの撮影を敢行しようかと思う。




 

携帯型パワーステーション

Blog_05_20_2019_00.jpg

 表題にあるように携帯可能な大容量バッテリー、Jackery Explorer240をAmazon経由で購入した。モデル名に謳われているように240Whの大容量リチウムバッテリーで、主に停電などの緊急時に利用できるパワーソースとして用いるものである。ちなみにワタシたちの用途は電源のないキャンプ場での扇風機の電源などを考えている。
Blog_05_20_2019_01.jpgBlog_05_20_2019_02.jpgBlog_05_20_2019_03.jpg

 でわどれくらいのパワーソースを期待できるかといえば、仕様によるとスマホの充電で17回、ラップトップの充電で4回くらいが目安だとか。これならば2泊くらいのキャンプには十分耐えうるハズ。さらにオプションで太陽電池モジュールを使えば、晴れている限りは充電できるという寸法だ。


 いずれにせよまだ実戦投入されていないので海のものとも山のものともいえないのだが、今週末のメモリアルホリディのキャンプに持っていくので、どんな感じかは後日、お伝えしたい。



アクションカメラ

 表題にあるようにアクションカメラを探している。GoProみたいなやつ。ユーチューバーになるためだ。

 個人的にはGoProはオーバープライスだと思う。中国製の安いアクションカメラが大量に出回っているので、それで事足りると思う。


 まあ調べてみたらピンキリなんだけどね。4K/30fpsや揺れ防止(EIS)とかつくと値段が跳ね上がる。まあ用途に合わせて選べということなんだろう。


 ということで、今夜中に決めたいところである。




朝のトレーニングのために

 すでに何度かこのブログでも触れているかもしれないが、ワタシはここ2年くらいから朝5時半ごろにアパートオフィスにあるジムのトレッドミルで30分走っている。毎朝ではないが週に4回、2.5マイル(4キロほど)走っている計算になる。おかげさまでこの2年の間に10キロ体重を落とした。

Blog_05_14_2019_00.jpg

 さて、この朝のトレーニングではご多分にもれずBT対応の無線イヤホンを使って音楽を聴きながら走っているのだが、この無線イヤホンが2年弱の利用で壊れた。正確には壊れたというより、バッテリーの持ちが悪くなっといった方が良いか。さらに言えば、夏場は結構、汗をかくのでこのイヤホンも汗にさらされることが多々ある。そんな中、防水か不明のリチウムバッテリー入り中国製イヤホンを鼓膜のそばに装着するのはちょっと抵抗がある。そういう理由もあったので、新たにBT対応無線イヤホンを買うことにした。


 純粋にトレーニングの時のみにしか使わないと割り切っているので、できるだけ安くてIPX7対応のものということで、$17(クーポン適用後)のLETSCOM BT Headphoneという聞いたこともないメーカーのブツを選ぶ。先代のイヤホンも$22とかで買って約2年利用できたので、同じくらい持てば十分元は取れるだろうという判断だ。

Blog_05_14_2019_01.jpg

 音楽プレーヤーも長らく使っていた第4世代iPodが壊れて久しく、この2年はやはり先代のワタシのスマホ(Droid Turbo)を流用している。このケータイ、4年前に買ったものだがまだバッテリーは健在なので、十分に音楽プレーヤーとして機能する。こう書くと物持ちがよさそうだな。

Blog_05_14_2019_02.jpg


 とにかくだが、新しいイヤホンは耳へのフィット感がハンパねぇ。これならトレッドミル上で走っていても落っこちることはないだろう。さっそく、明日の朝試してみたい。



プロフィール

cooyou

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

最新コメント
ギャラリー
  • Great American Eclipse 2017
  • How Annoying !!
  • Motorolaの新型携帯
  • 例のLGのまるいやつ
  • Motorola製Nexusシリーズ
  • Moto360、ふぁーすとインプレッション
  • Moto360を買ってみた
  • Moto360を買ってみた
  • Moto360を買ってみた
アーカイブ
  • ライブドアブログ