米国けんきゅうにっき

はじめまして!2001年に日本を飛び出し米国へ。研究分野は化学でしたが、2005年のはじめに職場を東海岸から山の中へ移し、その際に研究分野も大きく変えました。そして2010年に結婚とグリーンカード取得。さらにさらに2011年夏に再び1800マイルを東に向かい、新天地、ミシガンに生活の場を移しました。せっかくの貴重(?)な人生なので、日々の出来事を残しておくことができれば幸いです。

生活

育ち過ぎた垣根のトリミング

Blog_04_12_2020_00.jpg

 Mぽんからの要望で高く育ち過ぎてしまい、窓の半分まで覆ってしまっている垣根のをトリミングしたいとのことで、ヘッジトリマーを購入した。

Blog_04_12_2020_01.jpgBlog_04_12_2020_02.jpg

 機種はこの間、購入したストリングトリマーと同じ会社、Black+Decker社のもの。20Vバッテリー駆動でバッテリーパックを共用できるのである。同梱物は上右写真の通り、バッテリーパックと充電器が1つずつ付属する。ストリンクトリマーには2つのパックが付属したので我が家には計、3つのパックがあることに。


 こういった道具を買うのは個人的には想定外ではあるが、垣根の選定にうまく役に立ってくれた模様である。Mぽんも満足であったようだ。


第3の除草剤を投入

Blog_04_11_2020_00.jpg

 まあ次から次へと別の除草剤を散布して大丈夫なのかという懸念はあるのだが、それ以上にウチの庭の雑草はびこり度がハンパないのが現状である。そういうわけで3つめの除草剤、Tenacityを投入した。とはいえ、庭全面に散布するのではなく、以前、散布した2,4-D Amineがいきわたらなかった建物周辺などをポンプスプレイヤーでスポット散布したわけだ。

Blog_04_11_2020_01.jpgBlog_04_11_2020_02.jpgBlog_04_11_2020_03.jpg

 さてtenacityだが有効成分はメソトリオン(Mesotorione)というもので市場にはSyngentaから2001年に出てきたものだそうだ。前回のPre-emergent型のProdiamineとは異なり2,4-D Amineと同じようにPost-emergent型除草剤として利用したのだが、tenacity自体はPre/Postの両方の効能があるとか。ただターゲットの雑草が若干異なるので、今回はProdiamineと混ぜて使用。説明書には混合時の互換性は問題ないと書かれていたためである。

Blog_04_11_2020_04.jpgBlog_04_11_2020_05.jpgBlog_04_11_2020_06.jpg

 効果の程はといえば、散布後6時間くらいで雑草の葉が退色するくらい即効性があった。説明書にも書かれていたがターゲットの雑草の光合成を阻害するとのこと。ぐぐったら、プラストキノン(植物の光合成系に必須な化合物)の生合成に必須な酵素に対して非常に強力な阻害作用(阻害定数でpMオーダー)を示すとのこと。上の写真(一番右)でもわかるように数時間で葉が黄色くなったのは雑草内にある葉緑素がダメージを受けたことを示しているのだろう。


 目に見える効果なのでちょっとエキサイト気味だが、さすが雑草である。まだまだ全然、殲滅できてない。それにまだメインのバックヤードの雑草も余裕ではびこっている状態である。Tenacityをばらまくのはコストパフォーマンス的に躊躇してしまうので、2,4-D Amineを4月下旬に再散布する。これで2,4-D Amineは1年に散布できる上限値に達してしまうので、あとはいま生えている芝をいかに健康に保ち続けて雑草以上の勢いを保ち続けるか、そして秋に新たに芝の種を播いてより盤石な芝生を築き上げるかしか手段がなくなるわけだ。まあ2,4-D Amineの2回目の散布でも雑草の根絶はムリゲーっぽいので、あとは秋口の芝戦略しだいだろう。


トリマーの導入

Blog_04_04_2020_00.jpg

 あっという間に1週間が過ぎてしまったが、この週末はまだ刈り切れていない道路の路肩部分のメンテナンスをしようと考えていた。またライディングモゥア(搭乗型芝刈り機)では刈り切れないようなスモールパッチの処理も併せて考えていた。故に別のガーデン用器具が必要なのである。それが今回の御題のストリングトリマーである。

Blog_04_04_2020_01.jpg

 あまり実店舗に行くのは微妙な時期なので、Amazon.comを物色する。結果、Black&Decker社のストリングトリマーを買うことにする。ストリングというのは刃の代わりにナイロン製のワイヤを高速で回転することで雑草や芝を切断することからきている。今回、購入したモデルはエッジトリマーとプッシュモゥアの機能を合わせもつ3 in 1のもの。予想はしていたのと、実際に痛感していたのだが、作業中はずっとトリマーを支え続けるわけだから、腕は筋肉痛になるんだろうなと。そんなわけでプッシュモゥアみたいに地面に置ければ楽かと考えたわけだ。

Blog_04_04_2020_02.jpg

 さて同梱物は本体と上述のプッシュモゥア台車、バッテリーパック2つに充電器だ。実はMぽんから垣根のトリミングをしたいという要望が出ていたので、バッテリーを本機と共有できればいいなと考えていたわけ。アセンブリは簡単だったのだが、ちょっとインストラクションが微妙にわかりにくかったので、安全カバーの取り付けにてこずる。

Blog_04_04_2020_03.jpg

 アセンブリ後に試運転。なんか慣れない中、Mぽんが興味を示してきたので、使ってみてもらう。まずはポーチ周りのマルチに生えた雑草のトリミングだ。ただこの辺は除草剤を撒こうと思っているので、あまり根こそぎとるという感じではないね。どちらかといえば、家の壁際とか先ほど言ったように路肩とかがこいつの主な使用場面だ。

Blog_04_04_2020_04.jpgBlog_04_04_2020_05.jpg

 路肩のトリミングだか、最初の試運転でガレージ周りを刈ったら1つめのバッテリーパックが空になった。意外とあっという間。そういうわけで2つめのパックでは路肩のトリミングに精を出した。上の写真左側がトリム前、右がトリム後である。ちょっと写真ではわかりにくいけど、実際は景観はずいぶんとましになった。ただ残念ながら私の家の前の全部の路肩を終えることはできなかったので、明日の朝もう一度、トライである。




再びの除草剤散布

Blog_04_02_2020_00.jpg

 再びの除草剤散布であるが、前回と違う種類・効能のヤツを散布した。Pre-emergent型除草剤、Prodiamine 65WDGというやつでBarricadeという商品のジェネリックだそうだ。前回の2,4-D Amineと何が違うのかといえば、前回のは生えてしまった雑草の駆除用の除草剤だが、今回のは雑草が生えないようにする予防除草剤である。ググるとアニリン系化合物(ベンゼン環にアミノ基がついたヤツ)のようだ。主に早春に撒くのが有効だとのことなので、急きょばらまいた。

Blog_04_02_2020_01.jpgBlog_04_02_2020_02.jpg

 2,4-D Amineとは異なり、顆粒状なのでこれを水に溶かして使用する。だいたい15ガロンにたいして大匙10杯分の溶液で1/4エーカーをカバーするとのこと。散水タンクに半分くらい水を入れて、Prodiamineを投入。これを電動ドリルに取り付けた攪拌棒でよく混ぜる。

Blog_04_02_2020_03.jpgBlog_04_02_2020_04.jpg

 今回から牽引用のピンをJohn Deere謹製のマグネテックピンにした。磁力で固定されるのでわざわざロック用ピンをさす必要がなく、ワンアクションでトレーラーの着脱が可能となる。今後、トウビハインドの種まき器やディサッチャーなんかも購入するので、この散水器だけの出番とはならないはず。


 ところで折れてしまったワンドも付け替えたので、漏れがなくなり無駄なく薬剤を撒けた感じである。というか、60ガロン撒いたのだが、最後は薬剤を持て余し気味になってしまった。まあ、この薬剤は年に1度撒けばよいとのことなのでこの作業は来年まではない予定だが、まだ結構、雑草が生えているので2,4-D Amineをもう一度撒く予定である。ほかにも建物近くとか散水タンクではカバーしきれない部分にも雑草が大量に生えているので、こちらもどうにかしなければならない。その辺はこの週末にでも対処する予定だ。


サービスパーツが届く

Blog_03_21_2020_00.jpg

 先日、薬剤散布用の牽引タンクを購入・使用したが、作業の最中にスプレーガンが脱落してしまいポッキリと折れてしまった話をした。買ったばっかりということもあり、クレーマー行動だなとも思いつつ、Agri-Fabのカスタマーサポートに連絡すると、直ちにリプレースメントを送ってくれるととのことだったのだが、それが一昨日の木曜日に届いた。電話してから4日で届いたことになるわけだが、このパンデミックの最中、素晴らしい対応だと感動する。

Blog_03_16_2020_05.jpgBlog_03_21_2020_01.jpg

 さて文章ではわかりにくいと思うので、どこが壊れたかを上の写真で説明しよう。タンク横にホールドされているスプレーガン(ワンド)が走行中に脱落したのだ。それが進行方向手前で落ちてしまい車輪に轢かれてしまい、上の右写真のようにポッキリと折れてしまったわけ。結果、根元部分から水が漏れ出してしまうようになってしまった。この製品の配管ではワンド側に必ず水が通るようになっており、ブームに取り付けられたノズル側へのシャットダウンのみがポンプ先についているバルブで行える。したがってワンド側の液体のコントロールはスプレーガンのトリガーのみなのだが、折れた際にそのトリガーバルブも破損したらしい。

Blog_03_21_2020_02.jpg

 そーいうわけで、先日の薬剤散布はダダ漏れの状態で行ったことになる。まあいずれにせよ薬剤をばらまくという点では変わりないかと思ったため。ただいずれにせよ、今後の作業のためにスプレーガンのリプレースメントが届いたのはありがたいのである。


プロフィール

cooyou

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

最新コメント
ギャラリー
  • Great American Eclipse 2017
  • How Annoying !!
  • Motorolaの新型携帯
  • 例のLGのまるいやつ
  • Motorola製Nexusシリーズ
  • Moto360、ふぁーすとインプレッション
  • Moto360を買ってみた
  • Moto360を買ってみた
  • Moto360を買ってみた
アーカイブ
  • ライブドアブログ