米国けんきゅうにっき

はじめまして!2001年に日本を飛び出し米国へ。研究分野は化学でしたが、2005年のはじめに職場を東海岸から山の中へ移し、その際に研究分野も大きく変えました。そして2010年に結婚とグリーンカード取得。さらにさらに2011年夏に再び1800マイルを東に向かい、新天地、ミシガンに生活の場を移しました。せっかくの貴重(?)な人生なので、日々の出来事を残しておくことができれば幸いです。

自転車

フロントフォークの交換(その1)

blog_2017_05_21_00.jpg 夏の休暇に向けてアウトドアアクティビティを充実することになるのだが、その中で個人的に今年も重視しているのは自転車だ。昨年はメーン州のAcadia NPに自分の自転車を持ち込んだり、近傍のMTBトレイルを走ったりしてみたが、やはり悪路を走るとリジッドフォークだと大変疲れることが分かった。ので、今回の改造はサスペンション付きのフロントフォークを取り付ける。

 ハンドルバーに取り付けられているブレーキレバーやシフターを取り外し、ハンドルバー自体もステムから取り外す。そしてステムもフォークから取り外して、フォークをヘッドセットから取り外すという塩梅。

blog_2017_05_21_02.jpgblog_2017_05_21_01.jpg
取り外されたフォーク、フォークのステアにかかっているのはヘッドセットのベアリングフォークを取り外した状態はフレームにヘッドセットの上下ワンがついただけになる

 このバイクに乗っているときにハンドルを切っても特に何も違和感は感じなかったんだけど、いざ分解してヘッドセットのベアリングを見るともうサビサビの上にグリースぎれになって久しいようだ。それに上ワンも欠けているので、いずれにせよ乗り続けるならヘッドセットの交換は必須だったみたい。

blog_2017_05_21_03.jpgblog_2017_05_21_04.jpgblog_2017_05_21_05.jpg
このタコウィンナみたいなツールはヘッドセットリムーバーという専用工具このようにフレームに通して、広がっている部分が圧入されたヘッドセットの内側にかかるようにしてから、ハンマー(マレット)でぶったたくこのように圧入されていた上下ワン(ヘッドセット)がとれる

 ヘッドセットの上下ワン(碗、英語ならcup)はフレームに圧入されているので、専用工具で取り外さなければならない。まあこんなの何度も取り換える人なんていないんだろうから、たぶんこのバイクも固着してて取り外しは大変そうかなと思った。だが専用ツールのおかげで意外と簡単にとれた。まあ写真のようにこれもまたサビサビである。

blog_2017_05_21_06.jpgblog_2017_05_21_07.jpgblog_2017_05_21_09.jpg
新しいヘッドセットはこれまでとは別規格の1インチスレッドレスそしてこれもヘッドセット圧入用専用工具である圧入はこのように少しづつ工具のハンドルを回して押し込んでいくのだが、ここでは中央位置合わせがキモとなる

 もともとついていたヘッドセットは1インチのthreaded用という古いものだったので、これはクイルステムしか取り付けられなかった。今回、いろいろ悩んで1インチthreadlessのヘッドセットをインストールすることにする。理由はフォークのステアはインストール時に必ず切ることになる。もしthreadedのステアの場合、ステア表面に刻まれたねじ山の真ん中らへんを切ることになるので、またねじ山を刻み直さなければならないのだが、その工具は結構大がかりになるのでたぶん自宅でDIYできない。そのためステアに改めてねじ山を刻む必要のないthreadless用のヘッドセットをインストールすることにした。

blog_2017_05_21_10.jpgblog_2017_05_21_12.jpgblog_2017_05_21_11.jpg
では初期状態からヘッドセットの上下ワンを取り外した状態そして新しいヘッドセットをインストールした状態

 ヘッドセットはPROMAXというところのあまり高くないやつだがアンギュラーカートリッジベアリングになっていて、ちょっと先進的。ただ最終的には勘違いだったんだけど、このカートリッジベアリングがはめ殺しになっていると思ったので、圧入ツールの中央位置合わせ用スペーサー(凸型のやつ)を入れられなくて苦労した(MTBメンテナンス本によれば、はめ殺しになっているカートリッジベアリングの場合、直接、圧をベアリングにかけないように書かれていた)。結局、カートリッジベアリングは外れることがわかったので、ワンだけまず圧入してからヘッドセットを再組立てすることで、ヘッドセットのインストールは成功である。  さてでは肝心のフロントフォークだが...

blog_2017_05_21_13.jpg

 オーバサイズ(1と1/8インチ)、threadedのフロントフォークを送ってきやがりましたよ_| ̄|○ ガクッ

ぷろじぇくと、フロントフォーク交換

 さてこの間の年末にホイールを交換して一応のアップグレードは落ち着いたのだが、ここにきてYHしてしまったのである。つまりぷろじぇくと、フロントフォーク交換である。
 現在のフロントフォークはリジッドである。どういうことかといえば、MTBトレイルを走ると超疲れるのである。まあ26インチっていうのもあるんだけど、たった4マイルほどのトレイルを走るだけで1時間半かかる始末。体力がないというのもあるが、もうちょっと機材を使って楽できないかと考えたのは甘えである。(いちおう、平たい道なら20マイルくらいは走れる...)
 でわ、私の現在のバイクにサス付きのフロントフォークを取り付ける場合、ナニが必要なのかといえば...今は古いヘッドセットがついているので、threadedのフォークとヘッドセットとなっている上にサイズはノーマル(1インチ)。選択肢がほとんどないのが現状だ。
 そこでフロントフォークを1インチのThreadlessにすると、ヘッドセットも対応するThreadlessにしなければならない。そしてこれには現在、ついているThreadedのヘッドセットを取り外して、Threadlessのヘッドセットを取り付ける作業が必要となるのだ。
 Headsetの取り外しと取り付け工具は専用のものが必要である。そしてヘッドセットとThreadlessのフロントフォーク。だかこれだけではまだ足りない。さらに私のバイクのステムはクィルステムなので、Threadlessのヘッドセットと互換がない。ので、さらにアヘッドシステムにするためにステムとコンプレッションプラグ、スペーサーが必要となる。さらにさらに、現在のトレンドは31.8mmのハンドルバーなので、これも必要となる。
 ここまででフロントフォークのアップグレードの話だが、ここにきてフロントブレーキもディスクに交換しようかと考えていた。というのはホイールにはブレーキローター用のネジ穴があり、今回のフロントフォークにもディスクブレーキキャリパーのマウントがあるのだ。
 それではこのアップグレードにざっと何が必要かを書き下してみる。
[部品] 1. ヘッドセット 2. フロントフォーク 3. ステム 4. ハンドルバー 5. コンプレションプラグ 6. スペーサー 7. ディスクブレーキセット 8. ブレーキローター 9. 8速シフター 10. フロントリフレクター
[工具] 1. バイクスタンド 2. ヘッドセット圧入工具 3. ヘッッドセットリムーバー 4. クラウンレースインストール工具 5. 15インチのモンキーレンチ 6. マレット
 なんか大規模すぎるアップグレードだよね~

Cane Ridge MTBトレイルを走ってきた

blog_2017_02_05_00.jpg 今週末は家でゴロゴロしていた。合間に元同僚の草稿を読んで、コメントを考えていたりもしたが...また今日はSuper Bowlだったので、夕方にはそれを妻と観戦していたが、応援していたAtlantaが最後に逆転されてちょっと残念。さて今週のハナシではないんだが、表題の様に近くのマウンテンバイクトレイルを走ってきた。以前にBianchiのKUMAを探す旅で立ち寄ったMTB専門店のヒトに勧められたのがココ。そしてこの間、Mill Creekというマイクロブルワリに行く前に下見に行った場所だ。この間のJones Mill MTB Trailは岩肌や木の根が多くてごつごつした感じだが、標高差がほぼない平らなトレイルだったんだが、今回のCane Ridge MTB Trailはアップダウンが激しくて個人的にはちょっとチャレンジングなトレイルだったと思う。でもネットではどっちも初心者向けのトレイルだと書かれているんだよね。

blog_2017_02_05_01.jpgblog_2017_02_05_02.jpg

 たったの4マイルしかないのに、上り下りが多いうえに道がクネクネしているわ、途中でジャンプ台もどきがあるわで気持ち悪くなり何度も休憩。落ち葉が結構敷き詰められていて、前ブレーキに落ち葉が何度かかんだ。改めてVブレーキだとMTBトレイルを走るのは微妙と悟るんだが、しばらくはこれで持ちこたえる。実際、後ブレーキ(カンティレバー)で主に停止していた。

 実際には1時間半かけて完走したんだが、いつも走っているGreenway(だいたい片道6.5マイル)なんかよりもはるかに体力を消耗した。やっぱり起伏に富んでいるから立ち漕ぎしないと登り切れないんだよね。ただずっと立ち漕ぎしていると太ももにきます。途中、膝がカクカクしてきたので何度も休息をとっていたんだが、途中で後ろからくる何人ものMTBライダーに大丈夫かと心配される始末である。まあ休めば大丈夫なんだけどね。ただ途中で踏ん張りがきかなくなって落車しました。


 いやぁ、あらためてMTBって奥が深いや。


2016年の自転車レストアまとめ

 明日から会社だが、年末年始は旅行以外では日本で買ってきたイースの最新作をプレイしていた。ワタシくらいのオヤジ世代ならわかるかもしれないが、80年代にPCでヒットしたイースの続編である。詳しくはまた近いうちに触れるとして、今回のエントリーは2016年中に自転車のどこのパーツをいじったかをまとめようかと思う。まず下の写真が初期状態ね。

blog_2017_01_02_01.jpg


 2012年にモンタナから持ってきた自転車を盗まれたので、急きょ、Craigslistで適当な自転車を探して個人売買で手に入れたのが上のTREK820という超エントリーモデルである。購入後、出自を調べたところ85年式でTREKのシングルトラック用モデルとして販売されていたようである。

 ではナニを交換したのかといえば...フレームとフロントフォーク、ホイールにサドル以外全部交換した。

blog_2017_01_02_02.jpgblog_2017_01_02_09.jpgblog_2017_01_02_10.jpg
前ブレーキはPROMAXのP-1というVブレーキ後ブレーキはAvidのShorty Ultimateというカンティレバーブレーキ左ブレーキレバーはP-1に付属のVブレーキ対応品、前シフターはシマノのSL-M670
blog_2017_01_02_12.jpgblog_2017_01_02_13.jpgblog_2017_01_02_14.jpg
右ブレーキレバーはカンティレバーBなのでDia-CompeのMX2というやつ後シフターはやはりシマノの7速用SL-M310ブレーキ・シフトワイヤ類は劣化が著しかったので、全交換


 オリジナルのブレーキはシマノのカンティレバーがついていたが、錆で固着していたうえにスプリングがほぼ反発力を失っていた。さらに前ブレーキはブレーキ本体が破損していたので、直ち上述のVブレーキに交換。後ブレーキはサビを落として、グリスアップして使っていたが、夏前にAvidのShorty Ultimateに交換した。

blog_2017_01_02_07.jpgblog_2017_01_02_08.jpgblog_2017_01_02_15.jpg
フロントディレイラーはシマノのFD-M611リアディレイラーはやはりシマノのRD-M591カセットスプロケットはSRAMのPG730,、7速用である


 ワイヤー類を総とっかえしたついでにパワートレイン類(前後ディレイラー、カセットスプロケット、そして口述するチェーンリング)もすべて交換である。カセットスプロケットをシマノではなくあえてSRAMにした理由は特にない。なんか違うのを使ってみたかったから。

blog_2017_01_02_04.jpgblog_2017_01_02_06.jpg
チェーンリングはシマノのFC-M770、クランク長は175mm、歯数は44/32/22ペダルは色合いを合わせるためにeBayで購入、RockBrosというやつだが詳細は不明


 チェーンリングはシマノのFC-M770だがこれはもともと付いていたボトムブラケット(スクエアテーパー)とは非互換。当然、オリジナルのBBを取り外さなければならなかったのだが、固着してて非常に困難だった。最終的に成人男性3人の筋力と奇声をあげて取り外す。フレーム側にはスレッドが彫られているので、付属のホローテックIIのBBを装着できた。

blog_2017_01_02_03.jpgblog_2017_01_02_05.jpg
前ブレーキ制動力の底上げのため、ブレーキブースターも装着クイックリリースもオリジナルは固着していたので交換、赤を選んだのはほかのパーツとの兼ね合い


 ブレーキブースターという過去の遺物を装着した理由は、このバイクのフレームがクロモリというやはり骨董品だから。20年以上前の設計なので、フロントフォークも制動時にたわむと予想。なので、ブースターの装着は効果的かなと判断したんだが、このVブレーキ自体の制動力もちょっと疑問なので、効果は不明。たぶん調整をもっと詰めればよいんだろうけど。

blog_2017_01_02_16.jpg


 以上の部品の交換の結果が上の写真。これでアーケディア国立公園やグレートスモーキー国立公園を走り回ったわけだが、どうもリム自体も寿命が来ていたみたい。これがブレーキの効きが悪い遠因と思われる。ので、年末にさらなる改造を施した。

blog_2017_01_02_19.jpgblog_2017_01_02_18.jpgblog_2017_01_02_17.jpg
Vuelta ZeroLiteというMTB用の26インチホイール、タイヤは2.1インチ幅のやつでゼンリンはKendaのNevegal、後輪はTiogaのPsycho Genius、チューブは MEETLOCKS Thorn Resistant何でスプロケットと思うかもしれないが、ある事情でSRAMの8速用PG820を購入


 26インチのホイールはチョイスが意外と少ない。それにこのバイクにMAVICなんかの高いホイールを装着するのもちょっと違う気がする。のでVueltaの比較的安価なホイールセットを購入。これでもオリジナルのホイール(ARAYA製)よりもずいぶん軽い。ただバルブがPresta用なのでチューブを買い直す必要があった。さらにシングルトラック練習用を想定して太目のタイヤを新たに購入。見た目が非常に引き締まった感じになる。

blog_2017_01_02_20.jpgblog_2017_01_02_21.jpg
バッシュガードを装着。もはやドレスアップパーツかと思われるかもしれないが、MTBトレイルを走ると意外といろんなものが飛んでくるので、バッシュガードは合った方が良いという判断お尻が痛くなるのでサドルを交換、ついでにシートポストも固着してたので交換


 スプロケットを8速用にした理由だが、当初は夏に買った7速用のを流用しようと考えていた。ホイールのスペックも7速対応と書かれていたためである(ただしスペーサー要)。そしてスペーサーを装着したのだが、ナゼかフリーボディの高さと7速スプロケットの高さが合わず。たぶんスペーサーの高さが適切じゃないんだろうね。これで正しいスペーサーを探す旅に出るのと、スペーサーなしなら8速用カセットがはまるのとどっちがコストパフォーマンスが良いかを考えた結果、後者を選んだ。たださらに、チェーンも6・7速用を買ってたので、ディレイラー調整で躓いたわけだが...(近くのバイクショップに泣きながら走っていきましたョ)

blog_2017_01_02_22.jpg


 という感じである。2016年の改修を駆け足で紹介。結果的にはフォークとヘッドセット、フレーム以外は総とっかえになった。まあいろいろとヤッチマッタ感はあるが、自己満足である。今年はさらなる改造があるか?乞うご期待!

 

Acadia国立公園へ

blog_2016_12_26_00.jpg また気を抜いていたらブログが1月も更新されていないとなった。最近は時間がたつのがホントーに早く感じてしまう。さて会社の24日からお休みとなり、クリスマスをすぎた月曜日である。昨日なんかは外の気温が20℃近くあったんじゃないかな?半袖でうろつけるような気候である。改めて南部に来たことを実感するが、フツーはそうじゃないらしい。24日はこちらでできた友人に御呼ばれして彼の自宅で鍋パーティであった。直前に今の会社のミシガンオフィスの同僚から電話が掛かってきたんだが、その話をしたら、もうトモダチができたのかと驚かれた。なめんなよ、ワタシのソーシャリティを......冗談はおいといて、彼はさみしかったのかね。NYのカノジョとは今年のクリスマスは会わないとか言ってたな。

 さてアーケディア国立公園に行った話でも。この国立公園は米国、東北端にあるメーン州の海岸沿いにある中規模の島半分である。NJの友人が以前から是非行きたいといっていたので、ここの近くのキャビンをレンタルして現地集合するということになった。昨年のシェナンドー国立公園に行ったのと同じパターンだね。現地集合ということなんだが、結論からいうとミシガンからはヒジョーに遠かった!まあむちゃくちゃがんばったわけでは無いんだけど、3日かかりました。ムリすれば2日でいけるとは思うんだけどね。途中、モンタナ時代の友人がやはりメーン州のPortlandというところで滞在しているということだったから、そこで再会するために一泊したというのがあったので3日かかったのだが。

blog_2016_12_26_01.jpgblog_2016_12_26_02.jpgblog_2016_12_26_03.jpg
借りたキャビンはものすごい奥地にBangorの近くで食べたロブスターのスープBar Harberのレストランのロブスターロール

 メーン州といえば、どこもかしこもロブスターをウリにしている。ちょっと考えただけでものすごい量のロブスターが消費されているんだろうなぁと思うんだ。んでメーンの海をふと眺めて、この海底には大量のロブスターが蠢いていると思うと、背筋がゾーっとするね。

blog_2016_12_26_04.jpgblog_2016_12_26_05.jpgblog_2016_12_26_06.jpg
サンダーホール、干潮でくぼみに海水がぶつかると雷みたいな音がでることからゴッサム山の山頂、園内にはもっと高い山もあるけどここからお手軽に島を一望できるバーアイランドへの道、これも干潮で陸路が現れたり沈んだり、天橋立的な?

 今回も2人のお子さんが居たので、あまり強烈なトレイルは歩かなかった。たとえばゴッサム山は標高163メートルしかないので、お手軽に上れる山だ。ただそこから続いているビーハイブトレイルには行かなかった。崖とかを通っていくみたいなので、ちょっと家族連れでは厳しいかな。

blog_2016_12_26_07.jpgblog_2016_12_26_08.jpgblog_2016_12_26_09.jpg
園内最高峰のキャデラック山頂、でも標高は470メートルバブルロックはちょっと圧巻だねちょっと離れたところにあるバスハーバーの灯台

 園内最高峰のキャデラック山へは車道があるので、誰でも立ち寄れる。ただし、これは園内ココだけに限った話ではないけど、駐車場のキャパがちょっと小さいので、うまくタイミングが合わないと駐車場待ちに悩まされる。一方で、オススメはバブルロック。これは登りのトレイルを30分ほど行けばたどり着けるし、ビジュアル的にもオオっとなるね。ここもトレイルヘッドの駐車場が小さい。

blog_2016_12_26_10.jpg

まあそーいうわけだから、園内を走っている無料のシャトルサービスを利用するのも手である。私たちは比較的大きい駐車場のあるところにクルマを止めて、そこからシャトルを利用してた。だいたい15分ごとにやって来るんでオススメ。

blog_2016_12_26_11.jpgblog_2016_12_26_12.jpgblog_2016_12_26_17.jpg
blog_2016_12_26_13.jpgblog_2016_12_26_18.jpgblog_2016_12_26_19.jpg
blog_2016_12_26_20.jpgblog_2016_12_26_15.jpgblog_2016_12_26_16.jpg
最終日はキャリッジトレイルを自転車で走り回った。ちょっとした砂利道なので、MTBでなくてもいける。ここはかつては馬車道で物流の要だったらしい。アーケディア国立公園の見どころの一つ

 デラウェア時代の友人がマサチューセツ在住でやはりこの夏にこの国立公園に休暇で来ていたとか。彼女はロードで園内をロングライドしてたらしいので、ちょっと聞いておいたんだ。そーいうわけで、ミシガンから自転車を持ってきたのである。

blog_2016_12_26_21.jpg


 キャリッジトレイルは基本砂利道。だけど、根っことか岩とか路面表面に出っ張ってないので、MTBじゃなくても走れる。ただ結構上り坂が多くて、途中でココロ折れました(^^;)  ここでは友人家族は自転車がないので、集合場所を決めてそこで合流。お昼を一緒して、解散となったわけである。友人家族は1日予定より早くNJに出発、私たちは予定通り、もう一泊してから再び3日かけてミシガンへの帰路についたわけだ。その途中でZIPPOミュージアムに立ち寄ったのは、ココに書かれてある通りである。
 
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

最新コメント
ギャラリー
  • How Annoying !!
  • Motorolaの新型携帯
  • 例のLGのまるいやつ
  • Motorola製Nexusシリーズ
  • Moto360、ふぁーすとインプレッション
  • Moto360を買ってみた
  • Moto360を買ってみた
  • Moto360を買ってみた
  • Moto360を買ってみた
アーカイブ
  • ライブドアブログ