米国けんきゅうにっき

はじめまして!2001年に日本を飛び出し米国へ。研究分野は化学でしたが、2005年のはじめに職場を東海岸から山の中へ移し、その際に研究分野も大きく変えました。そして2010年に結婚とグリーンカード取得。さらにさらに2011年夏に再び1800マイルを東に向かい、新天地、ミシガンに生活の場を移しました。せっかくの貴重(?)な人生なので、日々の出来事を残しておくことができれば幸いです。

自転車

夏のユタに向けた準備 その4

Blog_03_07_2019_00.jpg 

 夏に向けた買い物しり~ず♪

 自転車関連でMTB用のパンツである。MTBのサドルは硬いので、ゲル付きサポーターアンダーウエアを中に履いて、その上にちょっとダブついたアメカジ風(?)のこのパンツを履く。膝小僧から脛に掛けてはプロテクター(購入予定)を装着する。コットンとポリエステルの混合なので、速乾性のはずだ。だからちょっとくらい汗をかいても走行中に乾燥するはずである。


 念のため、もう一着夏までには調達したいと考えているが、そうなればメモリアルホリディのMammoth Caveでのキャンプ前にはそろえておきたいところ。まあ、それこそ足と胴体のプロテクターの購入の方が優先度が高いのだが。


 

夏のユタに向けた準備 その2

Blog_02_26_2019_00.jpg 

 最近のAmazonのアプリは配送者が近くにいると現在地を表示してくれるようだ。先ほど、上の写真のプロテクタが届いたのだが、あと3軒回って配送するとリアルタイム配信していた。


 さてその購入したアイテムだが、肘のプロテクタである。MTBで山道を走っているとき、落車しても軽傷で済むようにということで適宜、購入することにした。まずは安かったエルボプロテクタから。


 今後はニーガードとボディ/スパイン(背骨)アーマーを購入予定である。さながら北斗の拳に出てくる雑魚キャラ風の出で立ちといったところか。でも実際、MTBトレイル走るとバランス崩して落車するんだよね。まあ練習不足というのもあるが、転ばぬ先の杖は重要なのである。


自転車に興味を示す上司

 先月から新しく日本からの出向者が赴任してきた。彼は自転車(ロード、残念ながらMTBではない)を愛するらしく、ワタシの上司も彼とツーリングに出かけたいと思ったようだ。そーいうわけで、土曜日はFranklin周辺にあるバイクショップを紹介した。


Bianchiの正規ディーラということで連れて行った。個人的にロードといえばBianchiのチェレスタカラーがかっこいいと思うので、最初のチョイス。ただ高いのでかれの予算に見合うかは不明。


アウトドア総合店なので自転車専門店じゃないけど、自転車のキャリアも売っているので途中で立ち寄る。一応、Cannondaleのディーラっぽいのでそれなりにストックもある。それとCo-opという自社ブランドもあった。


この間、フロントフォークのインストールでお世話になった時に、好印象だったので、ここも紹介。こちらもCannondaleのディーラーだが、FeltやJamis、Specializedもおいてあった。


 さて上の順番で回ったのは帰りが楽だからなのが主な理由なのだが、最初はR.B.'sに連れて行こうかと思っていたんだよね。なんとなく。でも経験上、最初のディーラーでみたバイクに良い印象を得るので、イチオシのBianchiに第一印象をよく見せるため上記の順で回ったわけだ。どうやらBianchiが気に入ったようなので、想定通り

 ただ自転車を買ったとしても上司のクルマはセダンなので、どうやって運ぶのだろうか。リアシートを倒せばカーゴにつながるから運べるというが、ちょっと不便かなと思うので、先日からピックアップトラックを買うことを勧めている。


ちょっと試走してみた

 前回のエントリで触れたように自転車を改修した。その間、しばらく乗れてなかったのだが、その影響(?)もあってか体重が重く感じられる日々...ついにはアパートのジムを使う決断をするも、昨日は暑すぎて(33℃!)断念。  だが今日はちょっと頑張った。今日も午前中にもかかわらず30℃越えだったが、近くのトレイルヘッドまで往復する。たかだか6マイル程度の距離だが、汗だくになって帰ってきた。

blog_2017_01_02_01.jpgblog_2017_06_18_00.jpg
Craigslistで買った時の状態はこんな感じ現在、最新の状態ではオリジナルの部品はフレームのみ


 しつこいようだが、改めて改修前後の差を写真で紹介。上記のようにクロームモリブデン鋼のフレーム以外(正確にはリアのリフレクタも)は総とっかえである。昨年の改修ではドライブトレイン(チェーンリングやスプロケット、前後ディレイラー、コクピットの前後シフター)と前後ブレーキ、ホイールの交換だったが、今回はフロントフォークやヘッドセット、フロントのディスクブレーキ化と、かなりラジカルに改修した。

 特にブレーキはリアはカンチレバーだがAvidの上位モデル、Shorty Ultimate、フロントのディスクブレーキは2013年モデルのAvid X0と、まあビギナーレベルにはもったいないクラスの装備。ちなみにこれらはeBayで格安で入手したから導入した。ほかにも勿体ないレベルの装備品としてはクランクセットがShimanoのXT FC-M770で上から2番目のグレード。当然、このクランクセットをインストールするためにはボトムブラケットをオリジナルについていたカートリッジ式(とっても古い規格のスクエアテーパー)から外部式(比較的近代のホローテックII)にしなければならなかった。これの交換も大変だったのはミシガンでの良い思い出である。

 その一方でできなかったこともある。フレームの規格が非常に古いため(このバイク自体は84年に販売されていたものらしい)、ヘッドセットは1インチのものしか取り付けられない。そうなるとフロントフォークも1インチのものと決め打ちになる。だから1インチのステアリングバーのフロントサスフォークを探すとなると、私が知る限りでは米国ではすでに2,3種類しかない。当然、高級サスを扱っているメーカーはすでにこの規格から撤退してしまっている。またサドルピラー(サドルを支えるパイプ)もクロモリ時代の規格なので現在のバイクのものよりかなり小さい。だから走行中に自在にサドル高を変更できるドロッパーポストの導入は断念した。まあ現状で最も良い(プラスコストに見合った)ものをかき集めて再構築した感じのものである。

 ただこのバイクではより激しい地形を走るには力不足となるだろう。ってゆーかワタシ自身がチカラ不足なんだが。だからいつかコロラドやユタ、モンタナなどの中西部の大地をチャリで駆け抜けるときは、新しいバイクを買わなければならないだろうなと朧げに思っている。だかしかし、このバイクでとりあえずはありとあらゆる路面を練習しまくってオヤジライダーとしての矜持を磨いていこうと思った次第である。


 ところでなんでこんなともすれば物欲にまみれたことをダラダラと書いたのだろうかとちょっと自問してみた。研究職から離れて2年半たってしまったわけだ。たぶんワタシは研究職に戻ることはないだろうとちょっと思っている。実際、アカデミックな活動はしていないに等しい。これはもう研究者としては堕落以外の何物でもないだろう。まあすでに2報のドラフトをモンタナ、ミシガン時代のボスにそれぞれ託してあるんだが、なかなか投稿はされなさそうだ。

 そんな中、今月から今の会社で昇進した。給料も2001年にデラウェアにたどり着いたときの約3倍だ。生活もちょっとはラクになって泣きそうである。仕事の内容はともかく、まわりに評価されていることに自分のなかで価値を見いだせつつある。昇進にともない、アサインも増えた。これまでの業務に加えて化学に関連することもやっていく。こんな中、研究職(あるいはファカルティポジション)を模索するのは年齢的にもどうなのだろうかと常に自問し続けている。そんな自分にとって新しい業界内での3年間である。

 たぶんだけど、こんなふうに気楽に生きてますよと数少ない読者に伝えたいんだろうな。そんな感じなのかもしれない。まあこの仕事でどこまでいけるかわからないけど、もうちょっと頑張っていこうかと思った次第である。

フロントフォークの交換(その3)

 前回の続き。キャンプの後の週半ばにヘッドセットが台湾から届いた。

blog_2017_06_17_02.jpgblog_2017_06_17_01.jpg
TOKENのTK1161をeBayで購入これもカートリッジベアリングなんでTREK820にはオーバースペックだなぁ

 これで作業が進められると勇んでいたのだが、週末は日本からの出張者のお相手もあり時間がなかなか取れなかったばかりか、この間、購入した工具(クラウンレースセッター)ではクラウンレースを自力で圧入できないことに気が付く。

blog_2017_06_17_03.jpgblog_2017_06_17_04.jpgblog_2017_06_17_05.jpg
クラウンレースは27mmのものが付属することをしつこく確認済みでも結局、自力で圧入できなかったので自転車屋に泣きつくすでに何回か圧入しているのでヘッドセットの圧入はすんなりできた

 ここからは結構、簡単に進んだ。まずはフォークを差し込んでスペーサー、ステムを仮組後、余分なステアリングバーはパイプカッターで切断である。

blog_2017_06_17_06.jpgblog_2017_06_17_07.jpg
仮組して油性ペンでマークした、あとから考えればケガキ線でよかったな線が見えなかったのでマスキングテープを巻いてそのエッジに沿って切断

 なんかメンテ本にはいろいろむつかしいことが書かれていたので、心して作業したんだが、結構簡単に終了。そのあとヘッドセットに付属のスターファングルナットは使わずに(専用工具は必要なので)、別途購入してあったコンプレッションプラグをステアリングバー内に挿入。最初はコンプレッションプラグの機能がよくわからなくて、インストールに試行錯誤したが、最終的にはステムまで取り付けられた。
 さてここからまたいろいろ(リア用のシフターを間違って内装用買ってしまい、ディレイラーの調整がうまくいかなかったり、シフター内でケーブルがジャムってしまい、シフターを分解整備したりとか)とあったんだが、なんとかすべてのパーツの装着までこぎつける。

blog_2017_06_17_11.jpgblog_2017_06_17_08.jpgblog_2017_06_17_09.jpg
ハンドルバーは690mmのもの、26インチとしてはずいぶん大きめ市販の自転車ではあまり装着例がないと思われるフローティングローターを今回は採用この改造でTREK820はハードテイル車になったので、この機会に油圧ディスクブレーキを装着

 操舵系を一気に刷新した。まずはフロントフォークをサスペンジョンのものに変えたのでハードテイルとなった。またフロントフォークにディスクブレーキ用キャリパーのマウント穴が、ホイールにローター固定用の穴がそれぞれあるので、フロントブレーキはディスクブレーキを装着。AvidのX0シリーズという結構良いグレードのものである。リアブレーキもAvidのカンチレバーなので制動部分はSRAM系列の製品で固めた。

blog_2017_05_21_00.jpgblog_2017_06_17_10.jpg
改造前はフロントはリジッドフォークにVブレーキ+ブースター、ヘッドセットもスレッドでクィルステム改造後はフロントサスにディスクブレーキ、ヘッドセットもアヘッドと近代化された?

 先ほどアパートの周りを試乗してきた。サスの分、フロントが高くなったのでポジションは変わったんだが、たぶんMTBトレイルを走るという意味では乗りやすくなった気がする。サドルの位置とか調整しないとなんとも言えないけどね。それと特筆すべきなのはサスがあるので、荒れた路面がとっても頼もしい!また改造前のVブレーキが効いているんだかわからない印象が強かったんだが、今回のフロントのディスクブレーキの効きがとても良いのでトレイルでも全幅の信頼を寄せられそうだ(今までは大丈夫だったのか?ってくらいあまり効かなかった)。

 これで今度の休みのMTBトレイル攻略、そして夏休みのグレートスモーキーは準備万端である。

プロフィール

cooyou

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

最新コメント
ギャラリー
  • Great American Eclipse 2017
  • How Annoying !!
  • Motorolaの新型携帯
  • 例のLGのまるいやつ
  • Motorola製Nexusシリーズ
  • Moto360、ふぁーすとインプレッション
  • Moto360を買ってみた
  • Moto360を買ってみた
  • Moto360を買ってみた
アーカイブ
  • ライブドアブログ