米国けんきゅうにっき

はじめまして!2001年に日本を飛び出し米国へ。研究分野は化学でしたが、2005年のはじめに職場を東海岸から山の中へ移し、その際に研究分野も大きく変えました。そして2010年に結婚とグリーンカード取得。さらにさらに2011年夏に再び1800マイルを東に向かい、新天地、ミシガンに生活の場を移しました。せっかくの貴重(?)な人生なので、日々の出来事を残しておくことができれば幸いです。

自転車

ちょっと試走してみた

 前回のエントリで触れたように自転車を改修した。その間、しばらく乗れてなかったのだが、その影響(?)もあってか体重が重く感じられる日々...ついにはアパートのジムを使う決断をするも、昨日は暑すぎて(33℃!)断念。  だが今日はちょっと頑張った。今日も午前中にもかかわらず30℃越えだったが、近くのトレイルヘッドまで往復する。たかだか6マイル程度の距離だが、汗だくになって帰ってきた。

blog_2017_01_02_01.jpgblog_2017_06_18_00.jpg
Craigslistで買った時の状態はこんな感じ現在、最新の状態ではオリジナルの部品はフレームのみ


 しつこいようだが、改めて改修前後の差を写真で紹介。上記のようにクロームモリブデン鋼のフレーム以外(正確にはリアのリフレクタも)は総とっかえである。昨年の改修ではドライブトレイン(チェーンリングやスプロケット、前後ディレイラー、コクピットの前後シフター)と前後ブレーキ、ホイールの交換だったが、今回はフロントフォークやヘッドセット、フロントのディスクブレーキ化と、かなりラジカルに改修した。

 特にブレーキはリアはカンチレバーだがAvidの上位モデル、Shorty Ultimate、フロントのディスクブレーキは2013年モデルのAvid X0と、まあビギナーレベルにはもったいないクラスの装備。ちなみにこれらはeBayで格安で入手したから導入した。ほかにも勿体ないレベルの装備品としてはクランクセットがShimanoのXT FC-M770で上から2番目のグレード。当然、このクランクセットをインストールするためにはボトムブラケットをオリジナルについていたカートリッジ式(とっても古い規格のスクエアテーパー)から外部式(比較的近代のホローテックII)にしなければならなかった。これの交換も大変だったのはミシガンでの良い思い出である。

 その一方でできなかったこともある。フレームの規格が非常に古いため(このバイク自体は84年に販売されていたものらしい)、ヘッドセットは1インチのものしか取り付けられない。そうなるとフロントフォークも1インチのものと決め打ちになる。だから1インチのステアリングバーのフロントサスフォークを探すとなると、私が知る限りでは米国ではすでに2,3種類しかない。当然、高級サスを扱っているメーカーはすでにこの規格から撤退してしまっている。またサドルピラー(サドルを支えるパイプ)もクロモリ時代の規格なので現在のバイクのものよりかなり小さい。だから走行中に自在にサドル高を変更できるドロッパーポストの導入は断念した。まあ現状で最も良い(プラスコストに見合った)ものをかき集めて再構築した感じのものである。

 ただこのバイクではより激しい地形を走るには力不足となるだろう。ってゆーかワタシ自身がチカラ不足なんだが。だからいつかコロラドやユタ、モンタナなどの中西部の大地をチャリで駆け抜けるときは、新しいバイクを買わなければならないだろうなと朧げに思っている。だかしかし、このバイクでとりあえずはありとあらゆる路面を練習しまくってオヤジライダーとしての矜持を磨いていこうと思った次第である。


 ところでなんでこんなともすれば物欲にまみれたことをダラダラと書いたのだろうかとちょっと自問してみた。研究職から離れて2年半たってしまったわけだ。たぶんワタシは研究職に戻ることはないだろうとちょっと思っている。実際、アカデミックな活動はしていないに等しい。これはもう研究者としては堕落以外の何物でもないだろう。まあすでに2報のドラフトをモンタナ、ミシガン時代のボスにそれぞれ託してあるんだが、なかなか投稿はされなさそうだ。

 そんな中、今月から今の会社で昇進した。給料も2001年にデラウェアにたどり着いたときの約3倍だ。生活もちょっとはラクになって泣きそうである。仕事の内容はともかく、まわりに評価されていることに自分のなかで価値を見いだせつつある。昇進にともない、アサインも増えた。これまでの業務に加えて化学に関連することもやっていく。こんな中、研究職(あるいはファカルティポジション)を模索するのは年齢的にもどうなのだろうかと常に自問し続けている。そんな自分にとって新しい業界内での3年間である。

 たぶんだけど、こんなふうに気楽に生きてますよと数少ない読者に伝えたいんだろうな。そんな感じなのかもしれない。まあこの仕事でどこまでいけるかわからないけど、もうちょっと頑張っていこうかと思った次第である。

フロントフォークの交換(その3)

 前回の続き。キャンプの後の週半ばにヘッドセットが台湾から届いた。

blog_2017_06_17_02.jpgblog_2017_06_17_01.jpg
TOKENのTK1161をeBayで購入これもカートリッジベアリングなんでTREK820にはオーバースペックだなぁ

 これで作業が進められると勇んでいたのだが、週末は日本からの出張者のお相手もあり時間がなかなか取れなかったばかりか、この間、購入した工具(クラウンレースセッター)ではクラウンレースを自力で圧入できないことに気が付く。

blog_2017_06_17_03.jpgblog_2017_06_17_04.jpgblog_2017_06_17_05.jpg
クラウンレースは27mmのものが付属することをしつこく確認済みでも結局、自力で圧入できなかったので自転車屋に泣きつくすでに何回か圧入しているのでヘッドセットの圧入はすんなりできた

 ここからは結構、簡単に進んだ。まずはフォークを差し込んでスペーサー、ステムを仮組後、余分なステアリングバーはパイプカッターで切断である。

blog_2017_06_17_06.jpgblog_2017_06_17_07.jpg
仮組して油性ペンでマークした、あとから考えればケガキ線でよかったな線が見えなかったのでマスキングテープを巻いてそのエッジに沿って切断

 なんかメンテ本にはいろいろむつかしいことが書かれていたので、心して作業したんだが、結構簡単に終了。そのあとヘッドセットに付属のスターファングルナットは使わずに(専用工具は必要なので)、別途購入してあったコンプレッションプラグをステアリングバー内に挿入。最初はコンプレッションプラグの機能がよくわからなくて、インストールに試行錯誤したが、最終的にはステムまで取り付けられた。
 さてここからまたいろいろ(リア用のシフターを間違って内装用買ってしまい、ディレイラーの調整がうまくいかなかったり、シフター内でケーブルがジャムってしまい、シフターを分解整備したりとか)とあったんだが、なんとかすべてのパーツの装着までこぎつける。

blog_2017_06_17_11.jpgblog_2017_06_17_08.jpgblog_2017_06_17_09.jpg
ハンドルバーは690mmのもの、26インチとしてはずいぶん大きめ市販の自転車ではあまり装着例がないと思われるフローティングローターを今回は採用この改造でTREK820はハードテイル車になったので、この機会に油圧ディスクブレーキを装着

 操舵系を一気に刷新した。まずはフロントフォークをサスペンジョンのものに変えたのでハードテイルとなった。またフロントフォークにディスクブレーキ用キャリパーのマウント穴が、ホイールにローター固定用の穴がそれぞれあるので、フロントブレーキはディスクブレーキを装着。AvidのX0シリーズという結構良いグレードのものである。リアブレーキもAvidのカンチレバーなので制動部分はSRAM系列の製品で固めた。

blog_2017_05_21_00.jpgblog_2017_06_17_10.jpg
改造前はフロントはリジッドフォークにVブレーキ+ブースター、ヘッドセットもスレッドでクィルステム改造後はフロントサスにディスクブレーキ、ヘッドセットもアヘッドと近代化された?

 先ほどアパートの周りを試乗してきた。サスの分、フロントが高くなったのでポジションは変わったんだが、たぶんMTBトレイルを走るという意味では乗りやすくなった気がする。サドルの位置とか調整しないとなんとも言えないけどね。それと特筆すべきなのはサスがあるので、荒れた路面がとっても頼もしい!また改造前のVブレーキが効いているんだかわからない印象が強かったんだが、今回のフロントのディスクブレーキの効きがとても良いのでトレイルでも全幅の信頼を寄せられそうだ(今までは大丈夫だったのか?ってくらいあまり効かなかった)。

 これで今度の休みのMTBトレイル攻略、そして夏休みのグレートスモーキーは準備万端である。

フロントフォークの交換(その2)

blog_2017_05_29_00.jpg 昨日はインディ500で佐藤琢磨が優勝しましたね。中盤ごろに、なんか現地で観戦している上司からテキストが来て、佐藤が首位に躍り出たとか。TVをつけて眺めていたら、なんか優勝の瞬間まで見てしまった。どうもインディ500史上初の快挙のようなんで、ちょっとびっくり。高校の時、F1よく見てて、佐藤がF1レーサーだったとは認識してたけど(この時代にはF1への興味をなくしてたので、実際に走っているのをみたことない)、インディのレーサーになってたとは...とりあえず、おめでとうございます。歴史の瞬間を垣間見た気がした。  絢爛華麗たるレースシーンのことはさておき、ワタシはこの連休中に自転車を乗れるようにまで仕上げておきたいと思っていた。というのは来週、会社の同僚と近くの州立公園でキャンプをすることになっているので、バイクを持っていきたいのである。

blog_2017_05_29_01.jpgblog_2017_05_29_02.jpg
クラウンレースというヘッドセットの下部ベアリングを支えるカップをフロントフォークの操縦桿に取り付ける専用工具ここで悲劇が...

 さて結論から言えば、改造は進んでいない!のである。フロントフォークは交換品が送られてきた。スレッドレスの1インチ、26インチホイール装着用のものが届いたので、これでやっと先にすすめると思ったのだが......これだけの情報ではまだ足りなかった。反省もこめて、とっても重要なことなので備忘録として書いておく。

1.1インチスレッドレスフォーク用のヘッドセットには大まかには2規格(またはそれ以上)ある。クラウンレース(フォークたもとに圧着する部品)の外径が26.4mmと27mmのもの。
 これはおそらくスレッドレス時代の規格のISOとJISに対応しているものと推測。ここを誤解してた。1インチのスレッドレスにはワンサイズしかないものと思ってたので、ノーマルサイズスレッドレス用のヘッドセットを購入すれば、それに付属するクラウンレースの内径が自動的に決まる。だからそれがノーマルサイズスレッドレス用のフロントフォークにはまらない道理はないと考えていたんだが、大きな間違いだった。実際は多種多様の規格が混在しており、もしヘッドセットに付属するクラウンレースがフロントフォークに合わなければ、そのヘッドセットはそのフロントフォークに使えないということになる。これは2件ほどNashville近くのバイクショップに行って確かめてきた。いずれも汎用クラウンレースで代用する(この場合、買ったヘッドセットに付属する26.4mmのクラウンレースの代わりに汎用の27mmクラウンレースを取り付ける)のは保証できないとのこと。理由はクラウンレースは下部のベアリングの保持のための部品だが、これはヘッドセットの装着されているベアリングの形状に対して設計されているはずである。だから汎用品を使った場合、ベアリングとの接触が適切にならないので性能を発揮できないばかりか、ベアリングの異常摩耗や最悪、ヘッドセット自体の破損など安全面に問題が出てしまう。後で英文サイトで確認したら、確かに非常に多岐にわたる規格が乱立していると書かれていた。ここで気が付いたんだが、最初の誤解は日本語サイトのみを参照していたためだろう。ただでさえ1インチの規格が廃れている現在、MTBなんて日本じゃほとんど売れてないらしいもんね。MTBなら本場のこっちの情報の方が正確だと思い知らされた。

2.適切なヘッドセットを手に入れるためにはフロントフォークおよびフレームの寸法を正しく測る必要がある。
 いやさ、たぶんこーゆうの必要かもとおもってノギス買っといたんだよね。でもヘッドセット買うときにまったく自分の好みで選んでしまった。だから正しくはまずフロントフォークのサイズ(操縦桿上部と根本部分の外径)とフレームのヘッドチューブの上部・下部内径を測るべき。例えば、ウチのは

部位上部下部
フロントフォーク操縦桿外径25.4mm27mm
フレームヘッドチューブ内径30mm30mm

 この情報をショップに持っていくなり、通販なら買う前に売り手に確認するなりして、対象のヘッドセットがこの組み合わせでちゃんとインストールできるか確認することだ。不幸中の幸いなんだが、ワタシはヘッドセットプレス専用工具とヘッドセットリムーバーを買ったので、ヘッドセットの脱着は手元でできるけど、ショップに持ち込んだ場合、$40ほど工賃を取られる。まあショップに持っていけば、その前に上のような適合条件を聞かれるので、こんな失敗はないと思うが...


 まあ恥をさらす格好になるが、勉強ということで。あえて自己弁護するなら、まず最初にとどいたフォークが希望と違うものだった。だからそこで1週間ロスしてしまい、こんどはこのヘッドセットサイズの不適合である。英文のMTBメンテマニュアルを何度も見直しながら作業してたんだが、大前提の部分は見逃していた。

 2件目のバイクショップのおねーさんも言ってたが、自転車部品のうちでヘッドセットとボトムブラケットは規格が乱立していて、プロでも間違えるらしい。のでCaneCreekのヘッドセットファインダーというサイトを教えてもらった。幸いボトムブラケットを交換するときは取り外す以外は特に何の問題もなかったんだけどね。

 以上の情報をもとにeBayでヘッドセットを急きょ、物色するも、ほしいかつ適合するヘッドセットはいずれも台湾のセラーのみ。昨夜、オーダーしたが、たぶん届くのは来月半ばになるだろう。

フロントフォークの交換(その1)

blog_2017_05_21_00.jpg 夏の休暇に向けてアウトドアアクティビティを充実することになるのだが、その中で個人的に今年も重視しているのは自転車だ。昨年はメーン州のAcadia NPに自分の自転車を持ち込んだり、近傍のMTBトレイルを走ったりしてみたが、やはり悪路を走るとリジッドフォークだと大変疲れることが分かった。ので、今回の改造はサスペンション付きのフロントフォークを取り付ける。

 ハンドルバーに取り付けられているブレーキレバーやシフターを取り外し、ハンドルバー自体もステムから取り外す。そしてステムもフォークから取り外して、フォークをヘッドセットから取り外すという塩梅。

blog_2017_05_21_02.jpgblog_2017_05_21_01.jpg
取り外されたフォーク、フォークのステアにかかっているのはヘッドセットのベアリングフォークを取り外した状態はフレームにヘッドセットの上下ワンがついただけになる

 このバイクに乗っているときにハンドルを切っても特に何も違和感は感じなかったんだけど、いざ分解してヘッドセットのベアリングを見るともうサビサビの上にグリースぎれになって久しいようだ。それに上ワンも欠けているので、いずれにせよ乗り続けるならヘッドセットの交換は必須だったみたい。

blog_2017_05_21_03.jpgblog_2017_05_21_04.jpgblog_2017_05_21_05.jpg
このタコウィンナみたいなツールはヘッドセットリムーバーという専用工具このようにフレームに通して、広がっている部分が圧入されたヘッドセットの内側にかかるようにしてから、ハンマー(マレット)でぶったたくこのように圧入されていた上下ワン(ヘッドセット)がとれる

 ヘッドセットの上下ワン(碗、英語ならcup)はフレームに圧入されているので、専用工具で取り外さなければならない。まあこんなの何度も取り換える人なんていないんだろうから、たぶんこのバイクも固着してて取り外しは大変そうかなと思った。だが専用ツールのおかげで意外と簡単にとれた。まあ写真のようにこれもまたサビサビである。

blog_2017_05_21_06.jpgblog_2017_05_21_07.jpgblog_2017_05_21_09.jpg
新しいヘッドセットはこれまでとは別規格の1インチスレッドレスそしてこれもヘッドセット圧入用専用工具である圧入はこのように少しづつ工具のハンドルを回して押し込んでいくのだが、ここでは中央位置合わせがキモとなる

 もともとついていたヘッドセットは1インチのthreaded用という古いものだったので、これはクイルステムしか取り付けられなかった。今回、いろいろ悩んで1インチthreadlessのヘッドセットをインストールすることにする。理由はフォークのステアはインストール時に必ず切ることになる。もしthreadedのステアの場合、ステア表面に刻まれたねじ山の真ん中らへんを切ることになるので、またねじ山を刻み直さなければならないのだが、その工具は結構大がかりになるのでたぶん自宅でDIYできない。そのためステアに改めてねじ山を刻む必要のないthreadless用のヘッドセットをインストールすることにした。

blog_2017_05_21_10.jpgblog_2017_05_21_12.jpgblog_2017_05_21_11.jpg
では初期状態からヘッドセットの上下ワンを取り外した状態そして新しいヘッドセットをインストールした状態

 ヘッドセットはPROMAXというところのあまり高くないやつだがアンギュラーカートリッジベアリングになっていて、ちょっと先進的。ただ最終的には勘違いだったんだけど、このカートリッジベアリングがはめ殺しになっていると思ったので、圧入ツールの中央位置合わせ用スペーサー(凸型のやつ)を入れられなくて苦労した(MTBメンテナンス本によれば、はめ殺しになっているカートリッジベアリングの場合、直接、圧をベアリングにかけないように書かれていた)。結局、カートリッジベアリングは外れることがわかったので、ワンだけまず圧入してからヘッドセットを再組立てすることで、ヘッドセットのインストールは成功である。  さてでは肝心のフロントフォークだが...

blog_2017_05_21_13.jpg

 オーバサイズ(1と1/8インチ)、threadedのフロントフォークを送ってきやがりましたよ_| ̄|○ ガクッ

ぷろじぇくと、フロントフォーク交換

 さてこの間の年末にホイールを交換して一応のアップグレードは落ち着いたのだが、ここにきてYHしてしまったのである。つまりぷろじぇくと、フロントフォーク交換である。
 現在のフロントフォークはリジッドである。どういうことかといえば、MTBトレイルを走ると超疲れるのである。まあ26インチっていうのもあるんだけど、たった4マイルほどのトレイルを走るだけで1時間半かかる始末。体力がないというのもあるが、もうちょっと機材を使って楽できないかと考えたのは甘えである。(いちおう、平たい道なら20マイルくらいは走れる...)
 でわ、私の現在のバイクにサス付きのフロントフォークを取り付ける場合、ナニが必要なのかといえば...今は古いヘッドセットがついているので、threadedのフォークとヘッドセットとなっている上にサイズはノーマル(1インチ)。選択肢がほとんどないのが現状だ。
 そこでフロントフォークを1インチのThreadlessにすると、ヘッドセットも対応するThreadlessにしなければならない。そしてこれには現在、ついているThreadedのヘッドセットを取り外して、Threadlessのヘッドセットを取り付ける作業が必要となるのだ。
 Headsetの取り外しと取り付け工具は専用のものが必要である。そしてヘッドセットとThreadlessのフロントフォーク。だかこれだけではまだ足りない。さらに私のバイクのステムはクィルステムなので、Threadlessのヘッドセットと互換がない。ので、さらにアヘッドシステムにするためにステムとコンプレッションプラグ、スペーサーが必要となる。さらにさらに、現在のトレンドは31.8mmのハンドルバーなので、これも必要となる。
 ここまででフロントフォークのアップグレードの話だが、ここにきてフロントブレーキもディスクに交換しようかと考えていた。というのはホイールにはブレーキローター用のネジ穴があり、今回のフロントフォークにもディスクブレーキキャリパーのマウントがあるのだ。
 それではこのアップグレードにざっと何が必要かを書き下してみる。
[部品] 1. ヘッドセット 2. フロントフォーク 3. ステム 4. ハンドルバー 5. コンプレションプラグ 6. スペーサー 7. ディスクブレーキセット 8. ブレーキローター 9. 8速シフター 10. フロントリフレクター
[工具] 1. バイクスタンド 2. ヘッドセット圧入工具 3. ヘッッドセットリムーバー 4. クラウンレースインストール工具 5. 15インチのモンキーレンチ 6. マレット
 なんか大規模すぎるアップグレードだよね~
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

最新コメント
ギャラリー
  • Great American Eclipse 2017
  • How Annoying !!
  • Motorolaの新型携帯
  • 例のLGのまるいやつ
  • Motorola製Nexusシリーズ
  • Moto360、ふぁーすとインプレッション
  • Moto360を買ってみた
  • Moto360を買ってみた
  • Moto360を買ってみた
アーカイブ
  • ライブドアブログ