テネシー州Columbiaという街には2つのブルワリがある。一つは以前に訪れたAsgard Brewing、もう一つは最近、オープンしたこのBad Idea Brewingである。

Blog_10_06_2019_01.jpg

 6月くらいに訪れた際にはまだ内装を作っている最中で開店とは程遠い状態であったのだが、この間の訪問ではすでに営業していた。ただし客は休日にもかかわらず我々以外に1人だけである。

Blog_10_06_2019_02.jpgBlog_10_06_2019_03.jpgBlog_10_06_2019_04.jpg

 そもそも店舗が見つけにくいのが閑古鳥が鳴いている原因なのか、ただ単に訪れた時間帯がそんな感じだったのかは不明。ただ周りはヒトが住んでなさそうな家があったり、町工場があったりと、オサレな雰囲気は周りには醸し出されていないような気がした。

Blog_10_06_2019_06.jpgBlog_10_06_2019_05.jpg

 まあ兎にも角にもビールである。オーダーしたのはフラッグシップと思われるYet Another Blonde Jokeと名付けられたビールと、Brewery PeeperというIPAである。どちらもIBUが30前後なので苦みに大きな違いはなかった。ただ前者はBlonde Aleなのにちょっと刺激的な味わいである。正直、もうちょっと深みのある味が欲しいところ。それはこのIPAにも言えた。


 ちなみに期待していたMiss Shandyは在庫切れ。こちらのテイストもできれば、もうちょっと印象が変わったかもしれない。次のバッチに期待である。