Blog_07_16_2019_00.jpg

 Y合宿3日目にしてテネシーから持ってきたマウンテンバイクを乗り回す日が来た。ご存知かもしれないがMoabといえばMTBの聖地と呼ばれる場所。豊富なMTBトレイルが散見される。そんな中、今回のチョイスはMoab Brandsという複数のコースを持つ場所だ。

Blog_07_16_2019_01.jpgBlog_07_16_2019_02.jpg

 そもそもMTB歴が長いかと言われれば、そうでもない。だからスキルもあまりないので、危険なトレイルは避けようということになったので、以前から目星をつけていたLazy EZをまずは目指す。3マイル弱のループトレイルである。

Blog_07_16_2019_03.jpgBlog_07_16_2019_04.jpg

 トレイル入り口にて、まずLazy EZトレイルの説明が"Not too easy, not too lazy"と書かれていた。いきなり身の危険を感じる。すでにEZ側だけで泣き言を言いそうになったので、もっと初心者向けのRusty Spurトレイルへ脱出することに。

Blog_07_16_2019_05.jpgBlog_07_16_2019_06.jpg

 Rusty Spurはまあ赤土の大地を駆け抜ける感じ。岩場はほぼないので、初心者でも荒涼とした大地を疾走する体験ができる。

Blog_07_16_2019_07.jpgBlog_07_16_2019_08.jpgBlog_07_16_2019_09.jpg

 1.6マイルのループは個人的にはちょっと物足りなかったので、Mぽんとわかれ再び単身でLazy EZループのLazy側に飛び込んだ。

Blog_07_16_2019_10.jpgBlog_07_16_2019_11.jpg

 Lazy側はさらに岩でトレイルがごつごつしている。またRの小さいカーブが結構連続するので29インチのワタシの真グマではちとコーナリングが厳しかった。またワタシのつたないスキルが手伝ってリアブレーキを多用するものだから、リアが滑ってドリフトしまくる始末。

Blog_07_16_2019_12.jpg

 おかげさまで3回ほど空中に投げ出される。しかも最後に落車したときは頭から岩に向かって飛び込んでいくように倒れた。すんでのところで両手で岩を掴んだので事なきを得る。もし腕を前に出してなかったら、顎が骨折したかもね。こんな感じだったので、いろいろと生傷や打ち身を作ってトレイルから戻ってきた。まあ課題として、近くのMTBトレイルでもっと走りこまないとだめだなぁと思ったわけだ。