Blog_07_11_2019_00.jpg

 以前から行ってみたかった米国で有名な場所の一つ、Monument Valleyを訪れる。ネイディブアメリカン、ナバホ族の聖地でもあり、かつ居留地でもあった。一般の国立公園とは異なり、ナバホ族により管理されている。

Blog_07_11_2019_01.jpg

 Moabからはクルマで2時間半くらい。ちょっとしたドライブになるが、行く価値はあったと思う。まずは映画「フォレストガンプ」で有名なフォレストガンプポイントを通り、ビジターセンターに入る。

Blog_07_11_2019_02.jpg

 ビジターセンターに入ってまず出迎えるのが俳優、John Wayneが愛した光景、ジョンウェインポイントを一望できる。この有名な風景にまずはため息をつく。


 そのあとはジョンウェインポイントから見えるダートを走るのだが、上司は最初、渋っていた。というのは彼のMuranoはFWDなので、坂道でスタックすることを懸念していたためだ。ワタシのクルマでここまで来ればよかったのだが、ここに至るまでダートを走ることなってまったく考えていなかったので。Muranoで行くことを勧めていたのだ。まあ、これで行かなかったら絶対後悔するといって、無理やり砂漠の道を走りだしたわけである。

Blog_07_11_2019_04.jpgBlog_07_11_2019_03.jpgBlog_07_11_2019_05.jpg

 まずはジョンウェインポイントから見えるビュート一つ一つを間近で堪能できる。West/East MittenとMerrickである。いずれも素晴らしいビュートである。

Blog_07_11_2019_06.jpg

 しばらくダートを走り、ループの手前で映画監督、John Fordが愛した景色が一望できる、ジョンフォードポイントにたどり着く。ジョンウェインポイントから見渡せるビュートを反対側から見た感じになるのだが、より多くのビュートを一望できる壮大なビューポイントに再びのため息である。時間を忘れて眺めてしまう光景だ。

Blog_07_11_2019_07.jpg

 その後ろ側にはスリーシスターズが立ち並ぶ。これもまた特徴的な岩だ。

 Monument Valleyへのエクスカーションは非常に価値あるものと個人的には思う。一日時間をかけて行った甲斐があった。個人的には自分の4WDのTraverseで乗り付けていれば、ループも堪能できたのだが、心残りがある方が再訪の可能性も増すのである。