昨夜はナゼか、”常識では考えられない衝撃映像”的なYouTube映像を見ていた。有り体に言えば、心霊写真の動画集みたいなものなんだが、いくつかの動画はゾクっと来るようなものが有ったことを告白しておく。例えば、エレベータの箱の中の監視カメラに記録された映像とかさ、最後の方に顔がカメラをのぞき込んできたので、ちょっとくるものがありましたとか。肝試しにトンネルに行って、じゃんけんで負けた娘がトンネル内を一人で往復して戻ってきたら、後ろに誰かついてきたとかさ。まあ、よく考えればいくらでもフェイク映像を作れそうなシチュエーションなわけだが。
 さて、だんだん眠くなってきたので、ベッドに入っていつものように目覚まし時計を午前5時にセットして就寝したのが午後11時頃か?

 熟睡していたところに、目覚ましがワタシを叩き起こしたので、朝5時かと思い、あわてて目覚ましベルを止めようと、時計に手を伸ばした。すると時計の長針がグルグルとものすごい勢いで回っているではないですか!?ビジュアル的にちょー怖いのですよ。

 でもね、そこわナゼかワタシは冷静でした。この時計は、ココで書いたように電波時計なのデス。なので、コロラドからの電波をうまく受け取れなかったんだろうね、何らかの理由で。で、再キャリブレーションがかかった時(つまり高速で長針が動いているとき)に5時を指して目覚まし鈴がけたたましく鳴ったということなんだろう。実際、傍らに放置されていたタブレットの時間を見るとまだ。午前1時だった。

 目覚ましを切ったので、朝、5時にちゃんと起きて、ジムへ走りに行けるか不安になったので、それ以降の睡眠は非常に浅くなってしまった。とんだ心霊現象である。

Blog_01_28_2019_00.jpg 

 ちなみにこちらが、暴走した目覚まし時計さんね。