前回の続き。キャンプの後の週半ばにヘッドセットが台湾から届いた。

blog_2017_06_17_02.jpgblog_2017_06_17_01.jpg
TOKENのTK1161をeBayで購入これもカートリッジベアリングなんでTREK820にはオーバースペックだなぁ

 これで作業が進められると勇んでいたのだが、週末は日本からの出張者のお相手もあり時間がなかなか取れなかったばかりか、この間、購入した工具(クラウンレースセッター)ではクラウンレースを自力で圧入できないことに気が付く。

blog_2017_06_17_03.jpgblog_2017_06_17_04.jpgblog_2017_06_17_05.jpg
クラウンレースは27mmのものが付属することをしつこく確認済みでも結局、自力で圧入できなかったので自転車屋に泣きつくすでに何回か圧入しているのでヘッドセットの圧入はすんなりできた

 ここからは結構、簡単に進んだ。まずはフォークを差し込んでスペーサー、ステムを仮組後、余分なステアリングバーはパイプカッターで切断である。

blog_2017_06_17_06.jpgblog_2017_06_17_07.jpg
仮組して油性ペンでマークした、あとから考えればケガキ線でよかったな線が見えなかったのでマスキングテープを巻いてそのエッジに沿って切断

 なんかメンテ本にはいろいろむつかしいことが書かれていたので、心して作業したんだが、結構簡単に終了。そのあとヘッドセットに付属のスターファングルナットは使わずに(専用工具は必要なので)、別途購入してあったコンプレッションプラグをステアリングバー内に挿入。最初はコンプレッションプラグの機能がよくわからなくて、インストールに試行錯誤したが、最終的にはステムまで取り付けられた。
 さてここからまたいろいろ(リア用のシフターを間違って内装用買ってしまい、ディレイラーの調整がうまくいかなかったり、シフター内でケーブルがジャムってしまい、シフターを分解整備したりとか)とあったんだが、なんとかすべてのパーツの装着までこぎつける。

blog_2017_06_17_11.jpgblog_2017_06_17_08.jpgblog_2017_06_17_09.jpg
ハンドルバーは690mmのもの、26インチとしてはずいぶん大きめ市販の自転車ではあまり装着例がないと思われるフローティングローターを今回は採用この改造でTREK820はハードテイル車になったので、この機会に油圧ディスクブレーキを装着

 操舵系を一気に刷新した。まずはフロントフォークをサスペンジョンのものに変えたのでハードテイルとなった。またフロントフォークにディスクブレーキ用キャリパーのマウント穴が、ホイールにローター固定用の穴がそれぞれあるので、フロントブレーキはディスクブレーキを装着。AvidのX0シリーズという結構良いグレードのものである。リアブレーキもAvidのカンチレバーなので制動部分はSRAM系列の製品で固めた。

blog_2017_05_21_00.jpgblog_2017_06_17_10.jpg
改造前はフロントはリジッドフォークにVブレーキ+ブースター、ヘッドセットもスレッドでクィルステム改造後はフロントサスにディスクブレーキ、ヘッドセットもアヘッドと近代化された?

 先ほどアパートの周りを試乗してきた。サスの分、フロントが高くなったのでポジションは変わったんだが、たぶんMTBトレイルを走るという意味では乗りやすくなった気がする。サドルの位置とか調整しないとなんとも言えないけどね。それと特筆すべきなのはサスがあるので、荒れた路面がとっても頼もしい!また改造前のVブレーキが効いているんだかわからない印象が強かったんだが、今回のフロントのディスクブレーキの効きがとても良いのでトレイルでも全幅の信頼を寄せられそうだ(今までは大丈夫だったのか?ってくらいあまり効かなかった)。

 これで今度の休みのMTBトレイル攻略、そして夏休みのグレートスモーキーは準備万端である。