米国けんきゅうにっき

はじめまして!2001年に日本を飛び出し米国へ。研究分野は化学でしたが、2005年のはじめに職場を東海岸から山の中へ移し、その際に研究分野も大きく変えました。そして2010年に結婚とグリーンカード取得。さらにさらに2011年夏に再び1800マイルを東に向かい、新天地、ミシガンに生活の場を移しました。せっかくの貴重(?)な人生なので、日々の出来事を残しておくことができれば幸いです。

2019年05月

日本出張

 タイトルにあるように来週から日本出張。2年ぶりの日本となる。その出張後はいよいよユタへの旅が待っている。

 この出張のおかげでUrbanaで大学院時代の恩師と会う予定がキャンセルとなった。ホテルも予約したのだが、キャンセル不可のディールだったので約$100が無駄になる。個人的には精神的には痛恨の一撃である。


 まあ、仕方ない、社畜だからな。



 

Yancey’s Gastropub and Breweryにて昼食を

Blog_05_29_2019_00.jpg

 さてMammoth Cave国立公園の玄関になるpark Cityを公園側と反対の方角に向かうとGlasgowという小さな町がある。こじんまりした米国の典型的な田舎町なのだが、品の良い感じである。そこのダウンタウンの中心部にはYancey’s Gastropub and Breweryというマイクロブルワリがある。今回はここで昼食をとることにした。

Blog_05_29_2019_01.jpgBlog_05_29_2019_02.jpg

 町の中央には郡のCourtHouseが鎮西しており、その目の前にブルワリはある。わが街 Murfreesboroもそうなのだが、旧市街地にはたいていスクエアなるものがあり、そこに行政機関の建物が置かれているのだが、このGlasgowでも同じような構成の街並みである。

Blog_05_29_2019_03.jpg

 店内はお昼を少し過ぎたくらいだったので、客で混雑しているという感じではなかった。どちらかといえば、ちょっと空いているくらいか。特に待たずにちょっと昔の古いホールのような店内の席に案内される。

Blog_05_29_2019_05.jpgBlog_05_29_2019_04.jpg

 ビールであるがLawnmower(芝刈り機)とApron Leaf(葉っぱの前掛け?)を注文する。前者はラガー系、後者はワタシの好物、未ろ過のIPAである。特筆すべきはIPAの後味の良さである。IPA特有の攻撃的な苦みではなく、もっと優しい感じ。後味はそれが良く反映されている。Lawnmowerも癖のない良いビールだと思う。一緒に食べたバーガーとよく合うビールだ。

Blog_05_29_2019_06.jpg

 ちょっとひっそりとしたダウンタウンにたたずむブルワリはちょっと秘密の場所的な雰囲気だ。訪れた日や時間がそうだったのかもしれないが、時間が緩やかに進んでいるような空間であった。



メモリアルディのキャンプ

Blog_05_27_2019_00.jpg

 先週の土曜日から本日、メモリアルディの3連休を利用してMammoth Cave国立公園で2泊3日のキャンプをした。Mammoth Caveは2012年の夏にミシガンからクルマで来訪したことがある。この時もキャンプをしたのだが、今回は洞窟ツアーはスルーして地上でのアクティビティ(飲んだくれたり、自転車にのったり)に終始すると決めていた。

Blog_05_27_2019_07.jpg


 最近まで知らなかったのだが、Mammoth Cave国立公園はMTBトレイルが充実しており、MTBバイカーにとっての天国だとか。また今、住んでいる街からクルマで2時間という利便さもあり、メモリアルホリディの目的地として選んだのである。

Blog_05_27_2019_04.jpg

 ただ当初考えていたBig Hollow Loop Trailは上の写真のようなフェリーを利用しないとたどり着けない場所にあり、しかも今シーズンはこのフェリーの運航は中止していたため、目的のLoop Trailにいけないことが発覚。事前にレンジャーステーションでこのLoopの詳細を聞いたにもかかわらず、この場所に行くまでこのフェリーの運航が中止されているわからなかった。対応したレンジャーが若手の女の子というのもあったのだろうか、時間をちょっと浪費してしまったのだ。

Blog_05_27_2019_02.jpgBlog_05_27_2019_03.jpg

 気を取り直して走ったのが、キャンプ場から起点になっているMammoth Cave Railroad Trailというグラベルロードである。MTB用というよりは大衆向けサイクリンクコースだが、途中で結構、急な上り坂もあり体力は使うコースともいえる。ここを端から端まで走るとPark CityというI24の入り口まで行けるのだが、途中の池までをゴールと定めて出発した。

Blog_05_27_2019_05.jpgBlog_05_27_2019_06.jpg

 日頃の朝のジョギングのおかげなのか、難なく池にたどり着く。ちょっと暑かったが、テネシーほどは暑くなかった。池に着いたときに70ちかくのおじいちゃんにトレイルについて尋ねられたが、まあ時間をかければいけるんじゃないかと回答する。ただMTB用のブロックタイヤを履いていれば、なおのこと良いとも伝えた。


 さてキャンプとしての総括だが、意外と涼しかった。あいにく、2日目の夕方にゲリラ豪雨に見舞われたが、新装備のスクリーンテントが雨宿りに非常に役にたつ。一方で、エアマット用の電動ポンプが壊れていたため、夜の寝床があまり快適ではなかった。これはいよいよ軽量型のエアマットを買うべきかと考えさせられた。またもう一点、自転車のキャリアについて考えさせられる。今、新しいクルマのTraverseについているトウイングパッケージは2インチのものなのだが、ワタシのキャリアは1.25インチ対応品でスリーブをつかって2インチのヒッチに取り付ける。前のExplorerが1.25インチのヒッチを装備していたため、キャリアの購入当時はこのクラスのものを選んだのだ。ただこの構成だと結構、段差などで不安定になるので、Anti-Rattle Stabilizerなるものを付けて今回の旅に臨んだ。しかしながら、往復で4時間の旅の間にスタビライザーのネジが緩んでいることがわかった。もちろんこのネジが緩んで直ちに、キャリアが落下することはないのだが、1か月後のユタへの旅に対応できるか少し不安を覚えた。休憩ごとに確認をするべきであろう。

熱帯夜キャンプのおともに

Blog_05_23_2019_00.jpg


 明日からMammoth Caveでキャンプの予定だが、非常に暑くなるとの天気予報である。まあ週間予報でわかっていたことだったので、パワーステーションを用意してキャンプ場では扇風機を使おうかと思っていたのだ。しかしながら昨年の様に熱帯夜でテント内では暑すぎで眠れない場合のことを考えると、家庭用のタワー型扇風機を持っていくよりも小型の卓上扇風機を持って行った方が良いかとふと思いつく。そーいうわけでAmazonのタイムセールで目に留まった充電式卓上扇風機を2組買った。

Blog_05_23_2019_01.jpgBlog_05_23_2019_02.jpg

 Amazonで注文したのが火曜日だったのだが、届いたのが今日、木曜日である。まあキャンプに間に合えばよかったのではあるが、無事に出発前に届くかちょっと心配であった。


 内容物は本体の扇風機とリチウムバッテリー、それに充電用のUSBケーブルである。仕様では一番低い風量で使うと8時間連続で動くそうだ。これなら一晩はたえられそうである。さらにパワーステーションも持っていくので、キャンプ中での風力切れは避けられそうだ。


 風量は3段階での調整可で、さらにエクストラで簡易懐中電灯としても使えるそうだ。まあその機能はあまりいらないのだが、Amazonのレビューがすこぶる良い。特にキャンプで助かったとか、まさにワタシたちのニーズに持ってこいのフィードバックである。実際、先ほど使ってみたのだが、一番弱い風量でも十分に涼しい。これがタイムセールで$3オフ。非常にお買い得である。


Blog_05_23_2019_03.jpg


 これで正真正銘、熱帯夜対策も万全である。今季初のキャンプはどんな経験を得られるであろうか。


地鶏棒

Blog_05_22_2019_00.jpg

 地鶏棒、もとい自撮り棒。アクションカメラでの撮影の際に、安定した撮影を行えるようにということで購入。水にも浮くため、水辺での撮影に適しているのだが、しばらくは海とかに行く予定はなし。

Blog_05_22_2019_01.jpgBlog_05_22_2019_02.jpgBlog_05_22_2019_03.jpg

 まあYouTuberになるための投資の一環である。$9で購入したが、三段階の伸長機能がある。実はコレを購入する前に妻の提案でFive Below($5以下で買えるgoodsが売っている店)に行ってきたのだ。絶対に売っているからとのことだったのだが、見事に売り切れていた。しかもマイク付きのヤツ。今回購入したアクションカメラは外部マイク端子のないモデルなので、そのマイク付き地鶏棒をかってもあまり意味はないんだけどね。巷では自撮り棒が大人気のようだ。


 とにかくだが、これでキャンプの準備は整った。一つ心配なのは、週末はものすごく暑いとの天気予報である。昨年の独立記念日でのキャンプの二の舞にならなければ良いのだが...


プロフィール

cooyou

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

最新コメント
ギャラリー
  • Great American Eclipse 2017
  • How Annoying !!
  • Motorolaの新型携帯
  • 例のLGのまるいやつ
  • Motorola製Nexusシリーズ
  • Moto360、ふぁーすとインプレッション
  • Moto360を買ってみた
  • Moto360を買ってみた
  • Moto360を買ってみた
アーカイブ
  • ライブドアブログ