モンタナになくてミシガンにあるもの、それは選び放題の日本食レストランである。個人的にはそこまで日本食に憧憬はないのだが、しばらく山の中で日本食を食べる機会に乏しかったので、ミシガンに来てからこれまで3回ほど日本食レストランを訪れた。

 まず着いた翌日にアパートからそばにある"Ichiban"という日本食レストランに行ったのだが、そちらは隣でHibachi(BBQの様なものだが......ちょっと圧倒されるだろう、初めて行ったら)レストランがあり、入店時に選べる。もちろん日本食のほうに行った。まあワタシは極限まで疲れていたのでウナギを食べたのだが、妻はカツ丼。後者はほどよくアメリカナイズされていたな。

 次に行ったのが、妻の鏡台を取りに行った帰りに寄ったOrchard Lakeという町にある”Sushi Samurai”という店。ふざけたネーミングだが、アメリカ人にはわかりやすい店名ではある。

1dafd580.jpg
9a7dcc5d.jpg
ae246af3.jpg
”お通し”が出てくるとは思ってなかった...ラーメンが食べたかったんですよランチスペシャルということでロールがついてきた


 お通しのキュウリの漬け物は上品な味でよかった。でもごま油の味がしたので、たぶん韓国風?と思っていると、厨房の寿司職人は韓国語でお客と話してた。従ってラーメンは日本で一般的な味を期待していた自分としてはガッカリ。汁はうどんになら合うだろう味付けだったので、素直に麺はうどんを選ぶべきだっただろう。対照的にスシは美味しかった。

b2c104f1.jpg
a230117b.jpg
6ab334d8.jpg
Tatsutaという名前の鶏唐揚げYotsuba RamenというラーメンNabeyaki Udonというウドン


さて本日、訪れた日本食レストランはYelpでも高評価の”Yotsuba”というお店。最初はダウンタウンにあるブルワリにでも行こうかという話だったのだが、妻の体調が良くなさそうだったので、栄養の取れる処ということでここに行くことにした。個人的には”よつばと”という漫画を連想する。そこの寿司職人は日本人らしく、入店時に日本語で挨拶してくれた。
 
 アピタイザーで頼んだ竜田揚げは予想通り鶏唐揚げだったが、揚げたてで柔らかくとっても美味しかった。ビールとかととっても合いそうである。

 ワタシは再び日本らしいラーメンが食べたかったので、ラーメンメニューを挑戦。まあ出汁は前回の”ウドンだし”ではなかったが、もうちょっとラーメンらしいスープを飲みたかったな。チャーシューはチャーシューだったので良かったのと、麺自体の味は良いと思った。逆に付いてきた餃子はちょっと肩すかし。つーか前日に妻が作ってくれた餃子を食べたばかりで、それと比べるとちょっとねという感じだ。ちなみに妻が作ってくれた餃子には、モンタナでは手に入らなかったニラが入っている。これをとってもモンタナでの食生活はかなり限定されていたものだと伺えるだろう。そうAnn Arbor在住の日本人は恵まれているのだよ。

 妻は体が温まるように鍋焼きうどんを注文。天ぷらが別皿でくるので天ぷらうどんに見えるが、Nabeyakiだそうだ。天ぷらは揚げたてが出てきたので、カリッとしてとても美味しかったとのこと。

 このYotsubaもアパートからすぐ近くにあるので、もし日本食が食べたくなったらすい~っと行ってしまうだろう。もう一度言おう。食文化に関してAnn Arborはホントーに恵まれていると思う。