e2c4bc0a.jpg
 さて最近はデータをまとめている。そろそろ論文を書くためなのだが、化学と違って勝手がつかみにくい。まあともかくすでに1年以上たったのだからね。そんなことと同時に久しぶりにタンパク質の精製を始めた。昨日はバクテリアを100グラム潰してカラム。いやー、やっぱり実験しているとゆー実感があって良い。
 
 では今日は再び国立公園のエントリー。ワシントン州、オリンピック半島にあるOlympic国立公園だ。ここは至極個人的なのだが、大分の国東半島になんとなく似ている気がする。もちろん規模が段違いではあるのだが、隔絶された地域とか独自の生態系とかはなんとなくだけどね。苔むす回廊のエントリはコチラを参照してください。Hoh Rain Forestの不思議な世界を堪能できる(ハズ?)です。

 ここでは別の場所を紹介しよう。公園北部にあるCrescent Lakeである。

みかづきこ
f842a81a.jpg

c45cf952.jpg

2e651f05.jpg

上空から見ると三日月のカタチだからCrescentとなった模様


 さすがのワタシの晴れ男力もこのオリンピック国立公園では効果が薄かったのであるが、これはこれでなかなか幻想的である。
 この雨降るなかでトレイルを歩くことにした。

Marymere Falls Trail
trail_01.jpg
trail_02.jpg
trail_03.jpg
ここも苔の回廊。やはりこの半島独自の世界だHarry Potterに出ているよーな木のお出迎え森に入るとすぐに薄暗くなる
trail_04.jpg
f9772439.jpg

1468ebc2.jpg

前を行くは南氷洋で稀に捕獲される未知の生命体、ヒトガタ......ではない、興味がある人は2ちゃんねるのオカルト板へ行こう!明るいところに出たと思うと沢だった霧が出てきて幻想的な森に


 さらにこの幻想的な雰囲気を醸し出す森を抜けると滝が現れた。Marymere Fallsである。

Marymere Falls
fall_01.jpg
fall_02.jpg


 そこは非日常が支配する世界。人気の無い、でも孤独ではない不思議な感覚であった。