84d501dd.jpg
 週末はコチラは雪。それでもあんまり寒くはなかったのだが、部屋でヒキコモリ。まあやることがナイ日とゆーのもなかなか良い。昼間っからビールを飲んで、パソコンの修理をした。昔、デラウェアで買ったソニーのVAIOが引っ越しのさいに壊れて放置されていたのだが、なんとなくなおしてみることにした。思えばこのパソコン、デラウェアでの生活がやっと軌道に乗ってきて買った思い出の品。WilmingtonのCompUSAで買ってからすぐにXPがプレインストールされているにもかかわらず、Windows2000をインストールしてしまった不遇の機体だ。このほど、ちゃんともとのXPに戻した。もうVAIOの筐体は再利用できないほどにボコボコなので近いうちに廃棄しなければ。
 さて今日は再びブルワリの話題に戻ろう。場所はワシントン州の州都、Olympiaとゆー街。そこのFishbowl Brewpubの紹介だ~。

 なんだか場所はわかりにくいところだった。住所にはKeg(小樽)の山が保管されている倉庫が在ったのだが、ブルワリみたいのは最初、見つけられなかった。しかしふと道の向かいをみると、奇声をあげながら歩いている集団を発見!向かいの建物に吸い込まれるようにゾクゾクと入っていくのであるっ!!ワレワレもそれ続けとばかりにその建物に侵入した。

Fishbowl
35e6bef0.jpg

6ba2b61d.jpg

アメリカのブルワリは探しやすい。奇声をあげているヤツの周りを注意して観察しようっ(・∀・)


 週末とゆーこともあり、バンドの生演奏が行われていた。アメリカはどこでも音楽が盛んである。週末はどんな場末のパブでもなにかバンド演奏のイベントが行われているのだ。(まあさすがにホントーに場末のパブとかは行ったことがないし、しらないのだが......)

Fish Brewing
d5d18e8e.jpg


fishbowl_04.jpg
サンプラーとパイントのポーターとIPA、このあとシュタウトをオーダー


 バンド演奏の終了後、いもの子を洗うようにいた人たちは早々に退散していく。ワレワレはそれでも飲み続ける。いい加減、閉店時間になりそうなとき、"Time to go. Get out."と言われたことに、友人は無性に切れていたのであった。えっ、ワタシ?ビール、出すだけマシだと思っていたので、何とも思わなかったヨ。