米国けんきゅうにっき

はじめまして!2001年に日本を飛び出し米国へ。研究分野は化学でしたが、2005年のはじめに職場を東海岸から山の中へ移し、その際に研究分野も大きく変えました。そして2010年に結婚とグリーンカード取得。さらにさらに2011年夏に再び1800マイルを東に向かい、新天地、ミシガンに生活の場を移しました。せっかくの貴重(?)な人生なので、日々の出来事を残しておくことができれば幸いです。

最近の報道からFC2ブログの運営状況に不安を覚えたので、こちらににFC2ブログ(http://cooyou.blog12.fc2.com/)のミラーサイトを設置します。

アメリカの携帯電話

 今日は、先月に注文した携帯電話が届いておりました。もともと携帯電話は3年前から持っているのですが、さすがに使い勝手が悪いのと電池のもちが悪くなってきたので、新しい機種にアップグレードしようと思い立ったワケです。今まで使っていたのがモトローラのv60やv120cでしたが、この2つは色違いなだけでほとんど一緒なのですが、何しろ厚いです。でもこれを購入したころは、これでもかなり薄くて軽い機種で、ラボの女の子は無線機みたいな巨大なヤツを持っていました。

 しかし契約している○ライゾン○イヤレ○。あいかわらずユルイ仕事ぶりです。まあ個人的には日本の携帯電話各社にも悪い印象しかなかったのですが、アメリカではさらにそれを強めていただきました。まず請求額がまちがっている。契約したてのころは、英語もダメダメで電話での交渉は苦労しました。

 さて今回ですが、まずオンラインで電話機のアップグレードを申し込んだところ、1月ほど放置されました。まあそんなに急いでいなかったので、メールで問い合わせをしたところ、梨のつぶて...しかも回も送ったのに...さらにオートの返信には24時間以内に返答するとか書いてあるのに。結局、カスタマーサポートに電話すると、平謝りされさっそく送ってきました。まあここまでは良いのですが、今度はあたらしい電話機をアクティベートしなければなりません。説明書に従ってまずオンラインでやろうとしたら、できない...仕方がないので電話したら、オートメッセージで同じようにできないという様なことを繰り返し言ってきました。いい加減頭に来たので、カスタマーサービスを呼び出すオプションを選択したところ、ヘヴィーアクセントの奴が出てきて、今度は何を言っているのかわからない始末。でも仕方がないので何度も聞き返して、なんとか新しい電話機のアクティベーションに成功しました。

 しかし新しい機種のモトローラv265ですが、軽いですね。今の日本の携帯事情は知りませんが、なかなかどうして追いついてきたのでは?と思ってしまうのですが、まあそんなことはないでしょう。でもこちらでもカメラ内蔵がはやりだしているのでしょうか。こいつもカメラ、付いてます。分厚いマニュアルが付いていますが、全く読む気がしませんね。まあ前のボスが言っていた様にいじっていけばわかるだろうということで。

 そんなわけで、ともにアメリカを横断した携帯ともお別れと相成ったわけでした。

健やかに育て、大腸菌よ

 タイトルにもあるように私も研究者の端くれということで、ちょっと研究のことでも。まあこれこそ自分用のメモですが...

 今日はトランスフォーメションした大腸菌のレファレンスプレートを作るあたり。これだけだとなに言ってるんだか自分でもわからんね。専攻が無機化学だったので、この手の仕事はかなりの初心者です、ハイ。

 しかしバイオっていうのは、どうしてこう空き時間が多いのかしら。タンパク質の精製とかの方が自分には性に合っているかもしれませんね。

 合成やっていた頃にくらべ妙に時間があるので、料理のレパートリーが増えてしまいました。なにやってるんだか...

 それでは。

東海岸での思い出~その1~

 せっかく開いたブログなので何か書かねば...と思い、まあ思い出話をたまに綴ろうと思います。(特にネタ切れのときとか)

 私は以前は東海岸のとある町に住んでおりました。まあ研究を生業としているので大学街です。場所はNYCとDCのちょうど中間で、いわゆるメガロポリスと呼ばれる地域ですね。まあでもまわりは田舎でしたが...そこで知り合った日本人の友達(彼も研究者でした)とともに周辺のおもしろいスポットへ良く行きました。その第一弾として...まず以下のリンクを(興味のある方は)見てください。

http://www.offroaders.com/album/centralia/centralia.htm

 米国には結構な数のゴーストタウンが点在しておりますが、その中の一つに非常に奇妙な生い立ちのものがあります。このPennsylvania州のCentraliaという街もその一つで、もともとは炭坑の街として栄えておりましたが、ある時、不審火が地下の炭鉱脈に引火して、現在まで燃え続けているそうです。

 さて私は回も行ってしまいました...しかもゴム(の焦げた)臭いが立ちこめていました。この街は世界でも(ある筋では)結構有名な街なのだそうですが、現在でも8世帯の家族が周辺に住んでおり、私たちの様な見物人を冷たい目で見ているそうです。しかしサイトを見るとわかりますように、あんまり長期にわたり滞在する処としてはあんまり健康によろしくない場所だと思います。

 そんなところで、ではまた。
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

最新コメント
ギャラリー
  • How Annoying !!
  • Motorolaの新型携帯
  • 例のLGのまるいやつ
  • Motorola製Nexusシリーズ
  • Moto360、ふぁーすとインプレッション
  • Moto360を買ってみた
  • Moto360を買ってみた
  • Moto360を買ってみた
  • Moto360を買ってみた
アーカイブ
  • ライブドアブログ