米国けんきゅうにっき

はじめまして!2001年に日本を飛び出し米国へ。研究分野は化学でしたが、2005年のはじめに職場を東海岸から山の中へ移し、その際に研究分野も大きく変えました。そして2010年に結婚とグリーンカード取得。さらにさらに2011年夏に再び1800マイルを東に向かい、新天地、ミシガンに生活の場を移しました。せっかくの貴重(?)な人生なので、日々の出来事を残しておくことができれば幸いです。

最近の報道からFC2ブログの運営状況に不安を覚えたので、こちらににFC2ブログ(http://cooyou.blog12.fc2.com/)のミラーサイトを設置します。

組み立てパソコン

 こちらは土砂降りの雨。そのせいか、それともこの3日間の多忙さからか泥のように熟睡しました。研究のほうでちょっとおもしろいことになってきたので、この週末の忙しさにもかかわらず充実感というものがありました。

 さて私は結構な自作オタクです。6年ほど前、そのころはMacintoshを使っていましたが、今後の勉強のためにと自作を始めました。きっかけはたしか「5万円で組み立てられる自作パソコン」とかいった本と後輩が経験者で彼の後押しというのもありました。1日中、秋葉原を練り歩いてパーツを選び、自宅で組み立て、そして起動したときの感動はひとしおでしたね。たしかそのときのパソコンはK6-2の350MHzでした。それに飽きたらず、かわいい(?)後輩たちをたぶらかして自作を勧め、みんな(7人ほど)で秋葉原へ。女の子も2人ついてきましたが、それにもかかわらず6時間くらい飲まず食わずで練り歩き、そのままラボへ直行。そして組み立てと。またさらに大分から帰省していた友人をまたたぶらかして、(本人はノートパソコンを希望していた)また秋葉へ。彼もやはり自作することになりました。

 思えばあれからMacintosh離れが始まったのかもしれません。それでもSE30にOpenBSDをインストールして、sambaでWindowsでもアクセスできるようにしたりと、WinとMacの平行利用を画策していたような気がします。結局、渡米と同時にMacintoshとは決別(というか持っていけなかった)することになりました。

 アメリカでの最初の1年は友人が送ってくれた彼の自作パソコン(なぜかSega Saturnの筐体に納められていた)を使っていましたが、それも調子がわるくなり、こちらでミニタワーのVAIOを買う決心をしました。(当時は常に日本に帰ることを考えていたので、これはかなり躊躇したものです。)その後はもうなにか吹っ切れたように、改造することに。VAIOは1.3GHzのCeleronがのっていたのでこれを1.4GHzのPentium IIIにしたり、Evercoolの水冷キットで水冷にしてみたり。また水冷にも興味がでてきたので独Innovatekのキットを買って、新たに組み立てたCeleron 2.4GHzのパソコンに組み込んだりしました。しかし今回の引っ越しでなんだか両機とも調子が悪くなり、結局、普通の空冷に戻しましたね。そんな背景というか自作履歴があります。

 さすがに最近は低価格ラップトップが出回っているのと、学会や共同研究などで米国内を移動する機会が増えたのでHPのCeleron M搭載機を買いましたが。

 今日は日曜なのですが、雨なのでたぶん家でゴロゴロしていることでしょう。それも不健康なのでなにかせねば...部屋の掃除は昨日のエントリーの様にroombaがやってしまったので、トイレ掃除くらいか?!

ろぼっと掃除機

 今日は土曜日なのでラボは閑散としています。お天気はとてもすばらしく、心地よい朝日で目が醒めたのですが、お昼から曇ってきました。

 同僚のJohnと共にピタのお店でお昼をとったあと、電気泳動の後処理に戻ってきました。どうもサンプルをロードしたときにローディングバッファが指についていたらしく、なんだかイヤな色に。合成をやっていたころはそんなこといっさい気にしなかった(というかそーゆうものだと思っていた)のですが、今はちょっと視点が変わったせいか気になります。まあいいや。あとは昨日からの作業の片づけとか、あと電気泳動の結果次第では限外濾過をしなければならないかな?

 ところで話はまったく変わりますが、私は部屋の掃除用にiRobot社のRoombaを持っています。

http://www.irobot.com/consumer/product_detail.cfm?prodid=16

 なかなかお手頃なお値段にもかかわらず、役に立っています。ちょっと動作時の音はうるさいのですが、出かける時に動かしておき帰宅時にはきれいになっているというような用途で使えば問題はないかと。2ちゃんねるの家電板とかではRoombaは「うるさい」とか「壁にぶつかるのがイヤ」といった意見が散見され、スウェーデンかどこかヨーロッパの20万円くらいするろぼっと掃除機とかが話題になっていますが、私はこれで十分。電力が低下してきたら、ちゃんと自分で充電ステーションに帰るし、掃除してもらいたくない部分もヴァーチャルウォールを機能させれば避けて通るし、とても賢いと思います。そんなわけで、今朝はそのRoombaを動かしてきました。帰宅時にはきれいになっているハズ。

マッキントッシュ

 作業の合間に時間ができたのでエントリーします。

 今日はなぜかアップルのマックについて語りたくなりました。すでにご存じのように、Macintoshにはインテル製のCPUが乗るそうです。先週のうちからネット上では噂がまことしやかに囁かれていましたが、その時点では確証もなく私も半信半疑でした。まあ結論はご存じの様に、サンフランシスコで開催されたWWWDでジョブスが「10年を託す」と壇上で言い、噂が事実であることを証明した格好となりました。...しかしまさかアップルがインテルのペンティアムシリーズを採用するとは。さんざん貶していたのに。

 私も数年前、修士論文を作成するとき、そして博士論文を作成するときとアップルのPowerMacinotshを使っておりました。また約10年前にPowerMacintosh6100AVを購入し、(途中アップグレードカードを装着するなどして)7年近く使っておりました。(現在も日本の実家に置いてあります。)ラボで動かなくなったSE30をもらってきて、修理して使ったこともありました。そんなバックグラウンドがあるためか、今回のニュースは結構衝撃的でしたね。現在ではWindowsを使っておりますが、いつかはまたMacintoshを使いたいなと思い続けておりました。しかしながら、OSXに移行してからは、互換性などの観点から徐々に使う機会や魅力がなくなってきて...

 今回のCPUの変更はどれだけのユーザーがついてくるのでしょう。新規開拓はできるのかもしれないけど。そういえば4年前にカリフォルニアに共同研究に行ったときに、クパチーノまで足を延ばしてアップルの本社を見てきたことがありますね。あのときもなんだか感慨深かったなぁ。

 でも今回の引っ越しに伴い、長時間の運転が予想されたのでiPodは買ってしまったのだけどね。
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

最新コメント
ギャラリー
  • Great American Eclipse 2017
  • How Annoying !!
  • Motorolaの新型携帯
  • 例のLGのまるいやつ
  • Motorola製Nexusシリーズ
  • Moto360、ふぁーすとインプレッション
  • Moto360を買ってみた
  • Moto360を買ってみた
  • Moto360を買ってみた
アーカイブ
  • ライブドアブログ