米国けんきゅうにっき

はじめまして!2001年に日本を飛び出し米国へ。研究分野は化学でしたが、2005年のはじめに職場を東海岸から山の中へ移し、その際に研究分野も大きく変えました。そして2010年に結婚とグリーンカード取得。さらにさらに2011年夏に再び1800マイルを東に向かい、新天地、ミシガンに生活の場を移しました。せっかくの貴重(?)な人生なので、日々の出来事を残しておくことができれば幸いです。

最近の報道からFC2ブログの運営状況に不安を覚えたので、こちらににFC2ブログ(http://cooyou.blog12.fc2.com/)のミラーサイトを設置します。

熱帯夜キャンプのおともに

Blog_05_23_2019_00.jpg


 明日からMammoth Caveでキャンプの予定だが、非常に暑くなるとの天気予報である。まあ週間予報でわかっていたことだったので、パワーステーションを用意してキャンプ場では扇風機を使おうかと思っていたのだ。しかしながら昨年の様に熱帯夜でテント内では暑すぎで眠れない場合のことを考えると、家庭用のタワー型扇風機を持っていくよりも小型の卓上扇風機を持って行った方が良いかとふと思いつく。そーいうわけでAmazonのタイムセールで目に留まった充電式卓上扇風機を2組買った。

Blog_05_23_2019_01.jpgBlog_05_23_2019_02.jpg

 Amazonで注文したのが火曜日だったのだが、届いたのが今日、木曜日である。まあキャンプに間に合えばよかったのではあるが、無事に出発前に届くかちょっと心配であった。


 内容物は本体の扇風機とリチウムバッテリー、それに充電用のUSBケーブルである。仕様では一番低い風量で使うと8時間連続で動くそうだ。これなら一晩はたえられそうである。さらにパワーステーションも持っていくので、キャンプ中での風力切れは避けられそうだ。


 風量は3段階での調整可で、さらにエクストラで簡易懐中電灯としても使えるそうだ。まあその機能はあまりいらないのだが、Amazonのレビューがすこぶる良い。特にキャンプで助かったとか、まさにワタシたちのニーズに持ってこいのフィードバックである。実際、先ほど使ってみたのだが、一番弱い風量でも十分に涼しい。これがタイムセールで$3オフ。非常にお買い得である。


Blog_05_23_2019_03.jpg


 これで正真正銘、熱帯夜対策も万全である。今季初のキャンプはどんな経験を得られるであろうか。


地鶏棒

Blog_05_22_2019_00.jpg

 地鶏棒、もとい自撮り棒。アクションカメラでの撮影の際に、安定した撮影を行えるようにということで購入。水にも浮くため、水辺での撮影に適しているのだが、しばらくは海とかに行く予定はなし。

Blog_05_22_2019_01.jpgBlog_05_22_2019_02.jpgBlog_05_22_2019_03.jpg

 まあYouTuberになるための投資の一環である。$9で購入したが、三段階の伸長機能がある。実はコレを購入する前に妻の提案でFive Below($5以下で買えるgoodsが売っている店)に行ってきたのだ。絶対に売っているからとのことだったのだが、見事に売り切れていた。しかもマイク付きのヤツ。今回購入したアクションカメラは外部マイク端子のないモデルなので、そのマイク付き地鶏棒をかってもあまり意味はないんだけどね。巷では自撮り棒が大人気のようだ。


 とにかくだが、これでキャンプの準備は整った。一つ心配なのは、週末はものすごく暑いとの天気予報である。昨年の独立記念日でのキャンプの二の舞にならなければ良いのだが...


オレ、YouTuberになるんだ

Blog_05_21_2019_00.jpg

 以前からの懸案であったアクションカメラを買った。当然、GoProではなく中華製の安いブツである。そしてその目的は、表題にあるようにYouTuberになるため!


 冗談はさておき、目的はせっかく買ったクルマのwalk throughをやって自分のYouTubeチャンネルにアップしておきたいためである。そう実はワタシはYouTuberという名詞が謳われる以前の12年前から米国えいぞ~にっきというチャンネルを持っているのだ。このブログ同様、すでに閑古鳥が鳴いているようなチャンネルなのだが、ここにきてちょっと手入れをしようかという気になったわけだ。その一環として、昨年に買ったクルマの紹介やら、どこかのMTBトレイルを走っている動画とかやらをアップしようかということだ。

Blog_05_21_2019_01.jpgBlog_05_21_2019_02.jpg

 購入したアクションカメラだが、Victureという数多あるGoPro路線の廉価アクションカメラメーカーの一つから出ているAC800という機種である。まあ安いのだが、Amazonのタイムセールで$30ディスカウントが適用されていたので、$49でゲットした。コレを選んだ基準は揺れ防止機能がついていること。YouTubeを観ていて個人的に、画面の揺れが激しいのはちょっと敬遠してしまうから。

 一方で最後まで悩んだのが、4Kモード時に30fps(フレーム毎秒)での撮影が可能か否か。たしかに30fpsだと映像が非常にスムーズになるのだが、そのぶんファイルサイズが肥大化してしまい、再生時の負荷で画面が止まってしまうことがある。そういうわけでこの点は妥協、結果、このカメラは4Kモードで25fpsまでの撮影が可能である。

Blog_05_21_2019_03.jpgBlog_05_21_2019_04.jpgBlog_05_21_2019_05.jpg

 写真のようにこの手のカメラは付属品が大量についてくる。主なものは水中撮影用のスリーブや自転車やヘルメットに固定するクランプなどだ。ただ分かったのだが、防水用ケースに入れて撮影すると内蔵マイクの集音が遮断されてしまうため、大声で話さないと音をしっかりと拾ってくれない。これはちょっと想定外である。まあアフレコで対応しろというところなんだろうが、ちょっとメンドーなので、walkthrough撮影時には防水ケースから取り出して使うことになりそうだ。


 さてちょっと試しに使ってみたところ、値段のわりに十分キレイな映像を撮影できると思う。初心者(?)YouTuberには十分である。それと確かに4K/25fspで撮影すると、ファイルが重すぎて再生機器を選びそうな予感。少なくともワタシのスマホでは出来上がった映像はカクカクした。まあ4K時のスローモションでのシーンを撮りたい場合に有効なのだろうが、現在のワタシの用途には必要なさそうである。


 週末はキャンプである。ここでいくつかの撮影を敢行しようかと思う。




 

プロフィール

cooyou

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

最新コメント
ギャラリー
  • Great American Eclipse 2017
  • How Annoying !!
  • Motorolaの新型携帯
  • 例のLGのまるいやつ
  • Motorola製Nexusシリーズ
  • Moto360、ふぁーすとインプレッション
  • Moto360を買ってみた
  • Moto360を買ってみた
  • Moto360を買ってみた
アーカイブ
  • ライブドアブログ